インド タタ 脱・人海戦術

インド タタ 脱・人海戦術

タタ、IT「脱・人海戦術」インド最大手 年5万人研修

「インドIT(情報技術)サービス最大手
 タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が
 体質改善に取り組み始めた。インド南部に建設中の
 年5万人を受け入れ可能な世界最大級の研修設備で
 人材育成に努める。2014年3月木の連結純利益は
 前年同期比4割増と好調。しかし、人数にものを言わせて
 業務受託する労働集約型では限界も見える。目指すは
 クラウドサービスなどIT潮流にあわせた「頭脳提供集団」
 への脱皮だ。」
(日本経済新聞2014年4月17日11面より)

インドは現在人口ボーナス期にあり、
生産年齢人口の増加により、経済発展の渦中に
あります。

そのインドにあって最大手の企業が、
現在の体質から、より将来を見据えて変革を
遂げようとしており、この試みと企業の発展の
行方が注目されます。

インドの人は、非常に数学の能力に長けている、
IT技術者のレベルも高いという評価を耳にした
ことがあり、国としての成長にも注目されます。

近年、中国が経済的な発展を見せ、
GDPで日本を抜き、アメリカに迫る勢いを
見せてきたように、インドがその後に続くのか、
TSCのチャレンジは、大きい意味を持ちそうです。

日本の企業も、いつまでも
新しい変革に挑戦し続ける、
そんな姿勢を持ちたいですね。