株式配当 最高の6.9兆円

株式配当 最高の6.9兆円

株式配当 最高の6.9兆円 前期 2社に1社増復配

上場企業が稼ぎ出した利益を株主に手厚く配分する
姿勢を強めている。2014年3月期は株式の配当の
総額が前の期から2割増えて6兆9000億円となり、
6年ぶりに過去最高を更新した。収益拡大を背景に、
配当を増やしたか復配した企業は2社に1社にのぼる。
今期もこの流れは続きそうで、賃上げの動きも
相まって家計に恩恵を及ぼしそうだ。
日本経済新聞2014年5月27日1面より

株式配当は、企業の最終的な収益を株主に
還元するための仕組みで、株式を保有する
投資家は定期的に配当金を受け取ることが
できます。この株式配当が過去最高を記録し、
個人投資家にも恩恵が表れているという記事です。

仮に配当利回りが2.0%であれば、100万円の
株式の保有に対して2万円の配当を受け取れる
ことになり、年間2%の利息と考えれば、
無視できない存在です(配当には税金がかかり
ますので、実際の取得金額はこれより低くなります)。

しかしながら問題は、この「家計への恩恵」は
株式を保有している家計であり、多くの国民が
株式投資に無関心で、株式の購入を行って
いなければ、全く関係のない話題です。

また、株式の配当がある、あるいは増加していると
いう理由だけで株式を購入したり、保有する
理由にはなりません。なぜなら、保有している
株の価格が下がれば、資産価値は下落し、配当を
上回る資産価値の下落があれば、それはマイナスでしか
ないからです。

株価とは、企業の収益の上昇率によって変動する
性質を持ちますので、企業が利益を上げている
証である株式配当が高いことや増加していることは
好感できることです。その基礎知識を前提とした
上で、株価の動きについての知識を得ることができれば、
株価の上昇で資産価値を増やしながら、なおかつ
配当をいただくという、二重の資産増加を期待
することができます。資産形成に際し、株式投資を
どのように位置づけ、利用するのか。株式配当が
過去最高を更新する今は、しっかりと考えられる
チャンスなのです。