松下誠の投資探求

利食いの技術

LINEで送る
Share on Facebook

個人投資家と言葉を交わすと、その多くから「利食いが難しい」という質問を受ける。確かに利食いは難しい。しかし、ほとんどの投資家は、そもそも適切な利食いを知らず、ただ「利益を伸ばしたい」という漠然とした願望だけを頭に描き、前記の悩みを持っている。これは、「利食いが難しい」のではなく、「利食いを知らない」のである。

利食いを行うためには、エントリーの時点で、「どんな値動きをターゲットとして狙っていくか?」という、目標の設定が必要だ。この目標を最大化するために、具体的な利食いの理論や技術がある。しかし、ほとんどの投資家は、利益のターゲットを決めていない。だから利食いができず、いつも「利食いが難しい」と言っている。そのままでは、一生適切な利食いなどできない。

利食いを行うためには、エントリー前にターゲットを決めることが必要だ。そのターゲットは、過去の値動きの中に在る。過去の値動きの中から、あなたの利益のターゲットを決めてトレードに臨もう。その時初めて適切な利食いが可能になり、利益が増え始める。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

利食いの技術 への2件のコメント

松下誠の投資の哲学