松下誠の投資探求

幻想

LINEで送る
Share on Facebook

幻想とは、現実にはないことをあるかのように思い描くこと。(デジタル大辞泉より) 投資において、個人投資家は幻想を抱いている。その幻想とは、何か特別で特殊な手法や技術でしか利益を上げられないという思いであり、極端にリスクが少なく、それでいて大きく儲かる手法や技術が存在すると思っていることだ。

投資では、特別で特殊な手法や技術だけが利益を上げられる訳ではない。一般的な投資の理論、テクニカル指標などは、基本に忠実に実践すれば、いずれも利益を上げられるのだ。そして、極端にリスクが小さく、とてつもなく儲かる技術や手法などありはしない。いずれの理論、技術、手法にもリスクは必ず存在する。そして、とてつもなく儲かるわけではなく、ごく稀に訪れるチャンスで、時に大きく利益を上げるだけだ。

幻想を見ている人は、いつまで経っても希望や願望、目標を達成することはできない。なぜならそこに実体はないからだ。

投資で利益を上げようとするのであれば、幻想に惑わされることなく投資の実体を見よう。その時初めて、あなたの利益への道がスタートする。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

幻想 への1件のコメント

松下誠の投資の哲学