松下誠の投資探求

絵を描く

LINEで送る
Share on Facebook

投資で成功することは、絵を描くことに似ている。絵を描くためには、キャンバス全体を見渡し、構図を考え、順番に描いていくことが必要だ。絵を描く際に、何も考えずに手当たり次第に描く人はいない。バランスのとれた絵は、そのようにして完成していく。

あなたが投資を行う時、絵を描くようなつもりで臨んでいるだろうか。全体の構図は、頭の中に入っているだろうか。自分が手掛けているところは、全体の中のどの部分か、理解しているだろうか。そして、最終的な完成形のイメージはあるだろうか。こうして考えていくと、あなたの投資がどんな結末を迎えるか、想像がつくはずだ。

投資は、絵を描く作業と同じだと捉えよう。あなたが売買を終えた時に、成功しているか、失敗しているかは、絵を描いているかどうかにかかっている。キャンバスに向かい、どんな絵を、どんな構成で、どんな順序で描きたいか、見えていなければ、あなたの投資はひどい結果に終わる。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

絵を描く への4件のコメント

松下誠の投資の哲学