松下誠の投資探求

クリアな視界

LINEで送る
Share on Facebook

今、窓の外を見た時に、広がっているのはどんな視界だろうか。雲一つない晴れ渡ったクリアな視界か、あるいは風雨にさらされたり、霧が掛かったりしている、先の見えない視界だろうか。

あなたの投資の毎日を、外の景色と同様に、一つの視界として考えた時、あなたの投資の毎日の視界はどんなだろうか。クリアに澄み渡り、遠くまではっきりと見通せるそんな明るい視界だろうか。それとも、真っ暗闇で一寸先さえ見えないような、暗く見えにくい視界だろうか。

あなたのその視界を作っている原因は、何だろうか。それは、理解=知である。投資に対する理解=知が広がれば、あなたの投資の毎日は少しずつ明るく、景色が開けてくる。一方で、いつまでも投資の理解=知が広がらなければ、あなたは暗く先の見えない視界の中で投資を続けていく。

どんな視界の中で投資の毎日を過ごしたいかを考えた時、自ずと投資家は理解=知を広げる行動を選ぶはずだ。クリアな視界の中で続けられる投資は、とても気分が良く快適なのだから。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クリアな視界 への3件のコメント

松下誠の投資の哲学