松下誠の投資探求

損失を認められるようになれば利益が上がり始める

LINEで送る
Share on Facebook

投資では、1回の売買ごとに明確に利益か、損失という結果が出る。投資家は利益を上げれば安堵し、損失を被れば落ち込む。時に、損失は自己嫌悪や自己否定にさえつながる。

投資の結果が、不確定な未来に決定するという性質上、全ての売買で利益を上げることは不可能である。つまり、投資家は売買を続ける限り、必ずその途中で損をすることが宿命づけられている。前記で書いたように、損失を被った時に、投資家が同時に自己嫌悪や自己否定の気持ちを抱くとすれば、投資は必然的に苦しいものになる。なぜなら、投資を続ける限り、ずっと自己嫌悪と自己否定が続くからだ。

投資での1回1回の結果に、必要以上にこだわることはない。投資は、一定期間、一定回数の売買の後に資金を増やしていく行為であり、1回1回の損益の結果は、あくまでも無数の要素の中の、1つの要素に過ぎないからだ。だからあなたも、1回1回の損失に対して、自己嫌悪や自己否定の気持ちを抱く必要はない。人は、ずっと自己嫌悪と自己否定の中で過ごしていけるほど強くはない。そのことに気づかない限り、あなたは投資を続けることはできない。

1回の損失に気持ちを奪われ過ぎないようにしよう。一定期間における、一定回数の売買の後に、資金が増える投資を手に入れることを目指そう。その時、あなたが自分の損失を認められるようになれば、気持ちが楽になり利益が上がり始める。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

損失を認められるようになれば利益が上がり始める への1件のコメント

松下誠の投資の哲学