松下誠の投資探求

アクセル

LINEで送る
Share on Facebook

投資において、1回の売買に大きい資金を投入することは、車の運転に置き換えると、アクセルを踏み込むことに相当する。車を運転している時にアクセルを踏み込めば、それだけスピードが上がり、早く目的地に着くことが可能になる。しかし、スピードが上がれば上がるほど、事故を起こす確率は高くなる。またスピードが出た状態で起こった事故は、悲惨で致命的な結果を招くことは想像に難くない。

あなたが、投資に大きい資金を投じるのは、その後の資金のコントロール(上記の例では、車の運転)に、自信がある時でなければならない。その後に起こる出来事の中で、自分の資金を安全にコントロールでき、悲惨な結果を招かないという確信に至らなければ、大きな資金を投じるべきではないのだ。

自分の身に何が起こるか分からない、それをコントロールできない状態の時、アクセルを踏んではならない。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセル への1件のコメント

松下誠の投資の哲学