松下誠の投資探求

理論と実践

LINEで送る
Share on Facebook

私たちの毎日の全ての行動は、脳の指令の元に行われている。これは投資でも同じで、毎日の売買は脳が指令を出すことで繰り返されている。私たちは何事においても、意図して特定の成果を上げたいと思えば、その成果の達成に必要な理屈(=理論)を頭(=脳)で理解し、実践する必要がある。投資でも全く同じで、理論と実践の両方が大切だ。

理論を頭で理解したからといって、すぐに実践できるわけではない。このことは、他の分野を例に取れば、すぐに分かる。理論を理解して実践に結びつけていくためには、練習や訓練の反復が必要になる。

あなたが投資で望む成果を得られていないとしたら、理論と実践のいずれか、もしくは両方が足りない。頭で理論を理解したと思っていても、体が動かず実践できなければ、そして望む結果を得られていなければ、そこに意味はない。あなたが望む成果を得るために必要な理論を理解し、実践できるように練習を繰り返そう。理論を理解し、正しく実践できるようになった時、あなたは望む成果を手に入れるはずだ。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

理論と実践 への2件のコメント

松下誠の投資の哲学