松下誠の投資探求

次につながらない利益

LINEで送る
Share on Facebook

投資家は、常に利益を目指している。それは、自分の資産を増やしていこうとする長く大きい目標である。その目標を実現するためには、長きにわたり利益を積み重ねていく力を身に着けなければならない。しかし、多くの投資家は、ここまで辿り着くことなく力尽きていく。

売買を行っていれば、誰もが、利益を上げる時間を経験する。これは、投資家自身の実力ではなく、たまたま相場の環境がよかったことによりもたらされる利益で、いわば「まぐれの利益」である。

これは、投資家自身の実力により上げた利益ではないので、次に再び繰り返すことができない。しかし、この時点で投資家は、次もまた利益を上げることができると勘違いし、売買を続けるが、よほど相場環境がよくない限り、次に再び利益が繰り返されることはない。この「まぐれの利益」は、次の利益につながらない上に、投資家が勘違いをしてしまうという意味において、「不幸な利益」と呼べる。

投資を続けていく上で、たまたま相場環境がよかったために上がった「まぐれの利益」は必要ない。本当に必要なのは、次に再現することのできる利益であり、これこそが投資家の力である。いくらまぐれで大きい利益を上げたとしても、いずれそれは全て消えてしまう。しかし、小さくとも、次に再現できる利益は、それを繰り返すことができ、いずれはリスクやサイズを大きくすることにより、より大きい利益を目指すことができるという点において、あなたの大きな力となる。あなたの将来の大きい利益につながる、次に再現できる利益を手に入れよう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次につながらない利益 への1件のコメント

松下誠の投資の哲学