松下誠の投資探求

自分で考える

LINEで送る
Share on Facebook

投資家は、常に問題に直面している。投資を行う限りにおいて、全く問題がなく、気ままに資金が増える状態など存在しない。何かの問題に直面した時には、まずは自分で考えてみよう。私たちは、投資を必要以上に困難で複雑なものに位置付けてしまうあまり、よく考えずに問題にあたることがある。これは、間違いの元だ。

その問題について、自分で考え対処できないとすれば、一時的な解決を図ったとしても、いずれまた同じ問題に悩まされることになる。自分で考えて、対処できないとすれば、その問題はあなたの許容を越えていることになる。

問題を解決するに際し、第三者や専門家の意見を聞くことも、非常に重要な選択肢だ。しかし、最終的には自分で考え決断しない限り、あなたに成長や進歩はなく、あなたの投資は前に進まない。その状態では、資金も増えない。問題に直面した時には、自分で考え決断し、対処していこう。他の人の知恵や力も、自分で考えるための力に変えていくのだ。そうすれば、あなたは投資家として成長し進歩し、あなたの投資は進んでいく。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

自分で考える への2件のコメント

松下誠の投資の哲学