松下誠の投資探求

決断と行動

LINEで送る
Share on Facebook

私たちが全ての物事において、何らかの結果を出すためには、決断と行動が必要である。私たちの毎日は、決断と行動の繰り返しである。

決断とは、「決めて絶つ」こと。何かを決めるということは、それ以外を絶つ事でもある。しかし、私たちは決断しているつもりでも、なかなか絶つことができずに色々なことを曖昧なままにしている。これでは、決断も行動もできず、結果も出ない。

決断し、行動することは、瞬時に行えることではない。決断し、行動するためには、前もって自身の意思を確認し、様々なケースを想定し、熟考しておかなければならない。常にそうした準備を行っておけば、瞬時に決断を求められる局面に遭遇しても、適切に決断し、行動に移すことができる。

決断と行動のためには、十分な準備が必要だ。その準備を常に十分に整え、勇気を持って決断し、行動していこう。その先に、結果はついてくる。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

決断と行動 への2件のコメント

松下誠の投資の哲学