松下誠の投資探求

違い

LINEで送る
Share on Facebook

私たちの前に存在する物事、事象には、何1つとして同じものは存在しない。そこには、必ず何らかの違いがある。投資において考えた時、最も私たち個人投資家にとって大きな違いとは、利益か損失かという違いだ。この結果には、明らかに大きい違いがある。そしてその結果を導く投資家の思考や行動にも、明確な違いが存在する。

あなたが損失を利益に変えようとするのであれば、その違いを明確に知らなければならない。またその結果に至っている、行動や思考の違いも知らなければならない。これは至極当たり前のことだ。

あなたが、今、損失に苦しんでいるとしたら、損失と利益の明確な違いを知っているだろうか?また、利益を上げている投資家と、損をしている投資家の思考と行動の違いを知っているだろうか?

私たちが目指す道は、意外に単純な道である。しかし、多くの投資家が、その単純な道に目もくれないことは不思議なことだ。いや、「不思議なこと」と書いたが、私たちの「早く楽に利益を上げたい」という根源的な欲求が、脳で処理された上で、日々の行動に移らせていることを知れば、これは不思議なことではないのかもしれない。

あなたの目の前には、「利益」と「損失」という2つの大きな結果があり、これには明確な違いがある。そして、「損失」という結果を、「利益」に変えていくために、知るべきこと、やるべきことがある。利益と損失の違い、利益を上げている投資家と、損をしている投資家の違いを知り、あなたの行動を変えていこう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

松下誠の投資の哲学