松下誠の投資探求

LINEで送る
Share on Facebook

軸とは、回転運動の中心、活動や運動の中心、基準となる線。運動する物体に軸があれば、安定した動きを見せ、軸がなければ、その動きは不安定になる。

投資に置き換えれば、投資活動の中で、動きの主体である投資家に軸がなければ、投資家は非常に不安定になり、逆に軸があれば、その動きは安定する。あなたには、投資の軸があるだろうか?

投資の軸とは、あなたの考えの中心であり、行動の中心である。投資の軸を持つ事は、自分自身の考えと行動の拠り所を、明確に言葉として表現できることだ。もしここでも軸を言葉でなく、単なる概念に留めていれば、それは再び不安定になる。

周りを見てみると、いつも言動がぶれている人もいれば、終始一貫して言動にぶれがない人もいる。あなたは、どちらの人を信じるだろうか。あるいは、物事に対して大きな成果を上げる人は、どちらの人だろうか。軸があれば、人はぶれることがない。

あなたは、投資で利益を上げ続ける過程において、ぶれずに安定することを求めるだろうか、いつもぶれぶれで不安定であることを求めるだろうか。いつもぶれることなく、安定した上で、利益を上げ続けていくことを望む時、あなたには軸が必要である。自分の投資の軸を、明確に作ろう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

への3件のコメント

松下誠の投資の哲学