松下誠の投資探求

集中

LINEで送る
Share on Facebook

人が何か物事を成そうとするとき、集中する必要がある。同じように、投資家が利益を上げるためには、投資に集中する必要がある。集中とは、1か所に集めること、集まること。

多くの投資家は、投資において個々の売買を集めているだろうか?周りの投資家を見てみると、決して集められてはいない。今日はニュースに影響され、明日は誰か人の意見に振り回され、その行動は決して1か所に集中されたものではなく、いつも散発的なものになっている。その行動の繰り返しの先に、投資の利益はあり得ない。

人は集中すると、視線が止まり、体の動きが止まる。つまり揺るぎのない、信念を持った状態だ。投資に対して、このような姿勢で臨む時、そのパフォーマンスは向上する。

あなたの状態を見つめてみよう。あなたの売買は、何かを集めたものだろうか?あなたの視線は1つに絞られ、体の動きを止めて、しっかりとチャンスを待っているだろうか?投資に集中できているのか、できていないのか?あなたの状態を見れば、今後の結果は自ずと分かるはずだ。いつも集中する必要はないが、ここぞという時には集中しよう!

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

集中 への1件のコメント

松下誠の投資の哲学