松下誠の投資探求

無理・無茶・無謀

LINEで送る
Share on Facebook

無理・無茶・無謀、いずれも物事の筋道が立たず、道理に合わない様子を表す言葉だ。投資を始めたばかりの投資家は、自分の姿を冷静に見つめて欲しい。利益を上げるという目標に対して、無理はないだろうか?無茶ではないだろうか?無謀ではないだろうか?この問いに対して、まっすぐに、「自分には無理も無茶も無謀もない」と断言できる人は少ない。投資家は、どこかに無理や無茶、無謀なところがある。

そんなところが少しでもあるのであれば、それを失くしていこう。なぜなら、無理や無茶、無謀を押して、目標を達成できるなどとは思わないからだ。無理はないか、無茶はないか、無謀ではないか、こうやって自分を見つめることができれば、投資家の損失は、今よりも遥かに少なくなるはずだ。

無理・無茶・無謀、自分の投資の中から、この言葉を消していこう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

無理・無茶・無謀 への4件のコメント

松下誠の投資の哲学