松下誠の投資探求

選択と決定

LINEで送る
Share on Facebook

投資家はいつも、「何か儲かる方法や銘柄はないか?」と探している。しかし、投資において利益を上げる方法や理論・技術とは特定のものではなく、無数に存在する。つまり、あなたが利益を上げるための答えは、1つではない。答えが1つに決まっていない以上、あなたが行うべきことは、自分が利益を上げる方法、理論・技術を選び、決めることだ。

投資で利益を上げるためには、選択と決定が、そのスタートになる。しかしながら、多くの投資家はこのことに気づかず、いつも答えを探し、方法や理論・技術を、次から次へと変えている。つまり、利益へのスタートとなる、選択と決定を行っていないので、利益へ辿り着くことができない。

投資で利益を上げる全ての方法には、必ず欠点もある。すなわち、資金が減る時間=ドローダウンが存在する。利益を上げる方法や理論・技術を選び、決めることは、この欠点=ドローダウンを受け容れることに他ならない。傷つくことを恐れ、全ての欠点を消したいと思う時、投資家はせっかくの利益を上げる方法や理論・技術を選ぶことができなくなる。利益を上げるための選択と決定とは、辛い部分・欠点を受け容れていく行為なのだ。早くそのことに気づき、あなたが利益を上げる方法・理論・技術を選び、決めよう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

選択と決定 への3件のコメント

松下誠の投資の哲学