松下誠の投資探求

意味をつける

LINEで送る
Share on Facebook

投資のシーンにおいて、日々、様々なことが起こる。ある時に大きい利益を上げたかと思えば、ある時はとんでもない失敗をおかし、大きい損失を経験し、損失が続き、気が滅入ることもある。それらの意味を無理に考えようとしても、1つ1つの出来事が意味を持っているわけではない。起こったことの意味は、自分でつけるのだ。

失敗や損失を許しがたい汚点と考えるのか、学ぶべき貴重な経験と考えるのかで、失敗や損失の意味はどうにでも変わる。出来事の意味を考えるのではなく、自分が望むように、好きなように意味づけをしてみよう。そうすれば、日々の出来事はあなたの力や糧となり、あなた自身がコントロールを握ることになる。

人生も同じで、日々の出来事の意味を考えるのではなく、これから先の自分の未来のために出来事の意味をつけてみよう。そうすれば、あなたの人生そのものが、これまでと違った意味を持ち始めるだろう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

意味をつける への2件のコメント

松下誠の投資の哲学