松下誠の投資探求

ゴール

LINEで送る
Share on Facebook

投資家にとってのゴールとは何だろうか、どこにあるのだろうか。私たちは、「利益を上げたい」、「資産を増やしたい」と考えて投資をスタートするが、その時点でゴールを持っていない。

例えば、ジョギングや散歩、旅行などで考えてみるとよく分かる。何気なく出かけてみたものの、目的地がなければ道中で混乱してしまう。それでも、ジョギングや散歩、旅行などは、最終的には自宅に戻ってくるので、やはりゴールがある。しかし、個人投資家の投資の歩みにはゴールがない。

あなたは何をゴール=目的として投資を行なっているだろうか。現在の資金を増やすことが目標であるならば、いくら増やせばゴールに辿り着くのだろうか。一度考えてみてほしい。なぜなら投資とは、リスクを伴う困難な作業であり、道のりだからだ。

登山者が苦しい思いをしてエベレストに挑むのも、ランナーが同じようにフルマラソンに挑むのも、頂上やゴールに到達する喜びや達成感、感動があるからだ。損失に耐えて、資金のドローダウンに歯を食いしばって投資を続けるのは、目指すゴールがあってこそだ。

投資の歩みを一層充実したものにするために、より確実にあなたの希望を叶えるために、あなたの投資のゴールを考えてみよう。

あなたの投資のゴールを確認してみよう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴール への3件のコメント

松下誠の投資の哲学