松下誠の投資探求

最初の一歩と10年後の一歩

LINEで送る
Share on Facebook

投資に限らず、「継続は力」である。皆、最初は無知であり、学び、経験し、力を手に入れていく。どんな分野においても、 10年間同じことを続けていれば、人並み以上の力を発揮することができる。何においても継続は力なのだ。

しかし、 10年後にある程度の力を手に入れているためには、無知で白紙な状態から一歩を踏み出さなければならない。その歩みを止めることなく、続けなければならない。最初の一歩を踏み出す時点では、10年後の自分は想像できないが、それでも勇気を持って踏み出さなければ、10年後の姿はない。

人は、カンタンに人並み以上の力を手に入れたいと願う。しかし、何も努力することなく、人並み以上の力を手に入れることなどできない。同じように、2年経過し、5年経過し、自分に力がついていないとくじけそうになるときに、歩みを止めれば、10年後にはつながっていかない。最初の一歩も、 2年後の一歩も、 10年後の一歩も、その一歩自体はほんの小さな歩みに過ぎないが、その一歩を続けなければ、10年の道はつながらない。

何かを10年続けることができれば、確かな力を手にいれることができる。それが、一生続けて行けるものであれば、途方もない力と満足を手に入れることができる。投資の力を手に入れたければ、最初の一歩を踏み出そう。そして、途中でくじけることなく、諦めることなく歩みを続けよう。その先にしか、 10年後の一歩は存在しない。継続は力につながり、満足につながる。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最初の一歩と10年後の一歩 への3件のコメント

松下誠の投資の哲学