松下誠の投資探求

価格を見るな

LINEで送る
Share on Facebook

投資家は常に市場のことが気になる。上がっているのか、下がっているのか。利益が出ているか、損失になっているか。しかし、投資家が価格を見たからといって、下がっている価格が上がり始めるわけではなく、損失のポジションが利益へ回復することなどない。あなたが見ようが、見まいが、相場は行きたい方向へ動く。だからこそ、投資家は自分が見るべき時間以外に相場を見る必要はない。見るべき時間とは、自分が価格をチェックし、エントリーとエグジットの判断を行う時間だ。

価格を見れば心が動く、損益を見ればなおさらだ。利益を確保したくなり、損失には、いてもたってもいられなくなる。トレードにとっても悪影響があり、精神的にも良いことはない。ならば、必要なことは1つだ。決められた時間以外、価格を見ないことだ。もし価格を見たいのであれば、「価格を見ることで利益につながる状態」を確保しよう。ほとんど全ての投資家は、「価格を見ることが不利益につながる状態」にある。だから私から心を込めてアドバイスを贈る。「必要なとき以外、価格を見るな」

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

価格を見るな への4件のコメント

松下誠の投資の哲学