松下誠の投資探求

投資を行なう時間

LINEで送る
Share on Facebook

あなたは毎日のうちのどの時間を投資の作業にあてるだろうか。個人投資家は、この問題を深く考えない。これはおかしな話だ。なぜなら私たちにとって、時間は最も大切な資産であり、お金にも代えがたいものである。どれだけの時間を投資に費やし、どれだけリターンを得ようとするのか、それは非常に大切な問題だ。日足でトレードする投資家は、1日1回チェックを行なえば良い。これに対して4時間足でトレードする投資家は、1日に6回。5分足でトレードする投資家は、1時間に12回である。

勝つトレードとは、狙う値動きやパターンが決まっており、それを獲るためには決められたルールでトレードを続ける必要がある。トレードにあてる時間、トレードを行なう時間も、その重要なルールの1つである。あなたは勝つために、自分のトレード時間を決める必要がある。そして、時間を有効に使い、豊かな毎日を過ごすためにも、これは大切なポイントである。何となくモニターを見て、何となくトレードするなど、具の骨頂だ。勝つために、そして豊かに生きていくために、あなたのトレード時間を決めよう。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投資を行なう時間 への2件のコメント

松下誠の投資の哲学