松下誠の投資探求

利益は過去の相場にある

LINEで送る
Share on Facebook

私たちが市場で何らかの値動きに利益のチャンスを見出す時、その値動きは、過去のいずれかの時点で再現された値動きである。市場が成立して何百年、何千年の年月が経過し、未だ再現されたことのない値動きなど存在しない。つまり、私たちの利益は、過去の値動きの中にある。

私たちの利益が既に過去の値動きに存在することを理解すれば、投資家は自分の利益の目標を過去の値動きの中に探すことができる。

多くの投資家は、そのように考えない。上がるか、下がるかと、ただ価格の行方だけを想像し、そしてリスクの中に飛び込む。それでは、利益が安定するはずはない。

私たちが目標とする値動きは、既に過去の値動きの中に存在している。だから、過去の値動きの中に、明確な自分の目標を探そう。1年にたった1度しか現れない値動きもあれば、1年に何度も現れる値動きもある、それこそが私たちのチャンスになる。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

利益は過去の相場にある への11件のコメント

松下誠の投資の哲学