松下誠の投資探求

信念と投資の関係

LINEで送る
Share on Facebook

リスクとは、不確実性である。投資は、不確実であるがゆえに、リスクがある。そんな当たり前の現実の中で、個人投資家はリスクを嫌う。不確実性を排除し、確実に利益を上げたいと願う。

リスクのない投資は存在しない。しかし1つだけ例外的に、リスクのない投資がある。それは信念を伴った投資だ。信念とは、「確固として揺るぎない考え」である。つまり、そこには不確実性は存在せず、確実な思いだけがある。「絶対にやる」、「必ず成功する」というのは信念であり、人から強要されるものではなく、自らの中から湧き上がってくる思いだ。だから信念を持つ投資家は強い。揺るぎなく、それゆえリスクがなくなるのだ。

信念とは学んだり、聞いたりして身に着くものではない。強くその人の中心に在るものだ。投資家が信念を持って投資を行なう時、投資からリスクが消え始め成功へと向かって歩き始めるのだ。信念は、投資においても非常に重要な要素である。。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

信念と投資の関係 への6件のコメント

松下誠の投資の哲学