松下誠の投資探求

準備

LINEで送る
Share on Facebook

投資とは、常に次の瞬間に対する準備を続けることである。それも2つの準備だ。1つは価格が上がった時の準備、もう1つは価格が下がった時の準備。実は、投資とはこれだけの作業が続いていく行為なのだ。しかし、多くの投資家は準備をしない。その時になって、慌てふためき、感情のままに反応し行動する。

あらゆることを想定して準備が整っている状態と、全く準備ができていない状態とでは、どちらが安心だろうか。もちろんそれは、準備が整っている状態だ。しかもそれは、より悪い状況が降りかかった時に顕著な差となって表れる。投資でいえば、損失に陥った時だ。この時、準備ができている投資家は、迷いや不安なく準備された行動を行い、安全を確保する。しかしながら、準備のできていない投資家は、感情的に行動し、資金を失う。準備の差は、痛みや傷となって表れる。

それを知ったあなたは2つの準備をするだろうか。価格が上がった時の準備と、価格が下がった時の準備を。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

準備 への9件のコメント

松下誠の投資の哲学