松下誠の投資探求

感謝

LINEで送る
Share on Facebook

投資家は投資のシーンにおいて、感謝を忘れることが多い。それは、投資が孤独な作業であることに起因しているのだろう。しかし、投資のシーンにも感謝がある。利益を上げた時には、もちろん利益を上げられたことに感謝できる。時には、損失の時にさえ感謝できる。あらかじめ適切に損切りポイントを決め、そのポイントで損切りを的確に執行し、その後の損失の拡大を防ぐことができれば、ここにも感謝がある。

時折、利食いを終えて後悔ばかりしている投資家がいる。「もっと○○。もっと××。」と。気を付けて欲しいのだが、いつ満足できるのだろうか。おそらく一生満足できずに、「もっと、もっと」と言い続ける。向上心と貪欲は違うのだ。

投資の毎日のどこに感謝があるだろうか。目先の資金の増減にだけ目を奪わるのではなく、マーケットに臨めば、そこに感謝があることに気づくはずだ。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

感謝 への6件のコメント

松下誠の投資の哲学