松下誠の投資探求

[緊急レポート]なぜデイトレは失敗する確率が高いのか?

LINEで送る
Share on Facebook

こんにちは、松下 誠です。私はこれまで株式、FX、商品の投資家を合わせて、これまで3万人以上の投資家の方を、様々な形で直接指導してきました。そして、毎日多くの投資家の悩みや質問に答えています。その中で、多くの投資家が特にデイトレに関して根本的な問題に気づいていないことを危惧しますので、この緊急レポートをお届けします。

このレポートは、個人投資家が誤った認識と理解でデイトレを評価し、デイトレに臨んでいることに対する警鐘と啓蒙のレポートです。このレポートを熟読し、しっかりと理解した上で、本当にあなたがこれからもデイトレを選んでいくのかどうかを決めてください。

デイトレとは何か?

多くの個人投資家は、デイトレに対して、単にポジションの保有時間の短いトレードというイメージを持っています。しかし、これは真の意味のデイトレではありません。これは、短期トレードです。デイトレとは、オーバーナイトトレードと対比されるトレードであり、日中の時間でトレードを完結し、翌日にポジションを持ち越さないトレードのことなのです。つまり、どんな結果であろうと、夜眠りに就くときには全てのポジションを決済するのが、デイトレです。短期トレードの結果、損失に陥り損失を決済できずに翌日に持ち越すようなものはデイトレではありません。まずその点を誤解しないようにしてください。必ず全てのポジションを、夜眠りに就く前に決済するのがデイトレです。

デイトレを行う理由

デイトレを行う理由は、1つです。それは、夜眠っている間に起こりうる不慮のリスクを排除するためです。デイトレを行う理由は、これだけなのです。今の日本の個人投資家は、デイトレはリスクが小さいと思っていますが、ポジションサイズを大きくすればリスクは大きくなりますし、損切りをためらいオーバーナイトに至るようでは、そもそもデイトレをやっている意味がなく、その最大の目的や効果を利用できていません。デイトレを行う理由や目的は何か?本当に自分がそれを最大限に活かせるのを確認してから、デイトレを行うかどうかを考えるべきなのです。

デイトレではなく短期トレードを分解してみる

これまで書いたように、多くの日本の個人投資家が行っているのはデイトレではなく、短期トレードです。それでは、短期トレードが、オーバーナイトや中長期のスイングトレード、トレンドフォローと何が違うのかを確認していきましょう。実は、短期トレードも中長期トレードも、狙っているものは同じです。どちらのトレードも、逆張りで値動きの転換点で利益を上げるのか、順張り(トレンドフォロー)で値動きの継続点で利益を上げるのかのどちらかなのです。あなたは、短期トレードの方が、中長期トレードよりも有利だと思っていませんでしたか?それは、違います。両者の狙いは、どちらも同じです。両者の違いは、単にポジションの保有時間が長いか短いかの違いであり、短い方が不慮のケースが起こりにくいのでリスクが低いと考えられるのです。しかし、このリスクの大きさはポジションサイズである程度コントロールすることが可能です。

短期トレードの問題を考える

ここからは、デイトレという言葉を短期トレードに変えて、説明していきます。なぜなら多くの個人投資家が理解するデイトレは、真の意味のデイトレではなく、短期トレードだからです。短期トレードを、使うローソク足の時間軸によりいくつかに分類してみます。つまり、5分足を使うトレード、1時間足を使うトレード、4時間足を使うトレードです。

5分足とは、5分ごとに始値と終値が決定する足です。つまり5分足チャートを確認し、トレード行うためには5分ごとに必ず価格やチャートのチェックをする必要があります。1時間足は1時間に1回、4時間足は4時間に1回です。つまり短い時間軸のトレードは、それだけ時間を拘束されることになり、確認回数も多いのです。5分足は1時間足よりも12回多く、4時間足よりも48回多く、日足よりも288回多く確認する必要があります。分かりやすくいうと、日足のトレーダーが1回価格のチェックをする間に、5分足のトレーダーは288回の価格のチェックが必要なのです。あなたは、その覚悟で、5分足や1時間足のチャートを見ていたでしょうか。

次に短期トレードが特にチャンスが多く、利幅が大きいのかを考えてみます。確かに短い時間軸のチャートは、長い時間軸のチャートよりも短いトレンドやサイクルを形成し、あたかも何度も利益を上げるチャンスがあるように感じます。つまり、日足よりも5分足の方が、利益を上げる回数が多いと思えるわけです。しかし、これも間違いです。なぜ短期の足を見たからという理由だけで、長い時間軸の足よりも利益を上げるチャンスだけが増えるのでしょうか?ここに問題が隠れています。確かに短い時間軸のチャートには、利益を上げるチャンスが多く確認されます。そして、それは同じだけ損失の可能性も多くなっているのです。

なぜかは分かりませんが、個人投資家は短期トレードでチャンスだけが増えると錯覚します。先ほどの各足の時間の対比からすれば、日足のトレードチャンスに比べて、5分足のトレードチャンスは理論上288倍多いと考えられます(私見です)。それならば、損失の機会も288倍に増えるのです。短期のトレードにしたからといって、チャンスだけが増えるわけではなく、ピンチも同じように増えるのです。日足のトレーダーが1回利食いを行う間に、5分足のトレーダーは288回の利食いを行う可能性がありますが、同様に日足のトレーダーが1回損切りを行う間に、5分足のトレーダーは288回の損切りを行う可能性があるのです。あなたはそのことを理解していたでしょうか。あなたは、日足のトレーダーの288倍の損切りトレードに耐えられるでしょうか。そんなことも考えず、日足のトレーダーよりチャンスが多いということだけを見ていませんでしたか。そんな虫のいい話があるわけないではありませんか。

5分足のトレーダーは、日足のトレーダーの288倍の労力を使うからこそ、そのトレーダスタイルが自分のものとなり、そこに複利効果を効かせることができたときに、信じられないようなパフォーマンスを上げるのです。しかし、ほとんどの個人投資家はこのステージに上がることができません。なぜならこれまで書いてきたように考えが甘いからです。おいしいところだけに引き寄せられて、表裏一体であるリスクには目を向けず、虚構を追っているのです。いいですか、5分足のトレードは日足のトレードの288倍の労力と神経を使うものだと覚悟してください。1時間足は24倍、4時間足は6倍です。だからこそ、成功したときには大きい利益を得るのです。それを忘れずに、自分が何を引き換えにして、何を手に入れるのかをしっかり考えてください。

致命的な1つの問題点

最後に短期トレードの致命的な問題点について考えていきます。それは、コストの比重です。これを聞いて、すぐに何のことか分からなければ、短期トレードはすぐに止めてください。FX、株、商品先物取引には全てコストがかかります。FX会社は、「手数料ゼロ」をうたい文句にしますが、スプレッドというコストがゼロの会社などありません。最近では、スプレッド0.1pipsというように極限までの低スプレッド競争が繰り広げられており、短期トレーダーはできるだけ狭いスプレッドの会社で取引を行います。

しかし、今日このレポートで書いているのは、短期トレードと中長期トレードの比較です、他人や他社との比較ではありませ。あなたが、短期トレードを行おうとも、中長期トレードを行おうとも、スプレッドは同じです(株式や商品先物取引ではデイトレとオーバーナイトの手数料は異なるケースが一般的です)。短期トレードで上げる利益に対するコストの比率と、中長期トレードで上げる利益に対するコストの比率ではどちらがより高い(コスト高でトレーダーにとってはしんどい)でしょうか?答えは、短期トレードに決まっています。

これも先ほどからの論理でいえば、5分足のコストの比重は、日足のコストの比重に対して288倍です。1時間足は24倍、4時間足は6倍です。これは、単にコストだけに目を向けた比較ですが、誰が好き好んで、コストの高い取引を選ぶのでしょうか。短期トレードとは、コスト面で不利なことを承知で行うトレードなのです。それは例え、0.1pipsという極限のスプレッドになったとしても、比較という意味では不利なのです。あなたは敢えてコストの面で不利だと分かっていて、短期トレードを選びましたか?そこまで考えた上で、なお短期トレードを選んだのであれば、勝算があるのでしょう。ガンガン行ってください。しかし、その点を考えずして短期トレードを選んだのであれば、思慮が浅いといわざると得ません。どんな商売であれ、事業であれ、コストを低く抑えていくことは基本です。敢えて高いコストを選んで勝負をするのであれば、こだわりや勝算が必要なのです。あなたの中に、そのこだわりや勝算はあるのでしょうか。しっかり確認した上で、短期トレードで勝負してください。

私が感じる短期トレード熱

これまで8年間多くの人のトレードを見てきて、特に短期トレードを行う人に感じることは、必要以上にリスクを避けようとする心です。短期トレードだから、リスクが避けられるわけではないのです。事実、国内の短期トレーダーたちは、大きいロットで勝負し大きく利益を上げようとしており、この時点でリスクが大きくなっているのです。リスクとは、時間の長さと、ポジションの大きさで決まります。しかし、多くの個人投資家は時間だけのリスクに目を奪われていると思います。その状態でポジションサイズを大きくすれば、結局リスクを取っていくのです。その状態で、損切りをためらい、デイトレが破綻しオーバーナイトに移行すれば、生き残ることなどできません。リスクのコントロールは、正しく自分で行うものです。

短期トレーダーへのエール

ここまでデイトレ(短期トレード)の歪んだ理解や問題点に関して、警鐘と啓蒙の意味で解説してきました。間違っていただきたくないのは、私は短期トレードが嫌いなわけでもなく、否定しているわけでもありません。ただ単に間違った認識と理解のもとに臨むことを戒めているだけなのです。確かに短時間でトレードが終わり、スカッと利益を上げられれば、それに越したことはなく、気分も良く楽なものです。そのステージを正しい認識と理解のもとに目指して欲しいだけなのです。最後に短期トレーダーへのエール、私からのアドバイスを送ります。

短期トレーダーも、限られた時間の中で環境認識をしっかり行い、チャンスだけにトレードしてください。チャンスがなければ、トレードしないことです。私たちは機械ではありませんので、24時間張り付きでトレードすることはできません。自分が許された時間の中だけでしかトレードできない以上、チャンスがなければトレードをしない、というスタンスを貫きましょう。それが例え、1週間、1カ月続いたとしても、チャンスがなえればやらないというのが、真のトレーダーだと私は思います。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

[緊急レポート]なぜデイトレは失敗する確率が高いのか? への12件のコメント

  1. 名無しの臆病者 より:

    ここに書かれていることは、私がトレード(投資ではない)についてよく考えることであり、同時に、私がトレードに手を出さない理由でもあります。トレードとは結局のところゼロサムゲーム、そこから手数料と税金が引かれるのですから、明らかなマイナスサムゲームとなります。そこに足を踏み入れるのに知識と能力の裏づけがないというのは自殺行為でしょう。
    だからこそ、私はトレードをしないのです

  2. あらきまい より:

    とても正しい認識だと感じました。
    私は短期トレードを行っていますが、高ロットで短期取引をした場合、短時間でハイリスクになると考え、極端に低いロットで取引を行っています。

    私の考え方としては、金銭的にレバレッジを掛けられない分、短期取引ならば、時間の方でレバレッジを掛けることができるのではないか――というものです。

    短時間取引とすることで、時間面にレバレッジを掛ける代わりに、一度の取引での資金を抑えること。それが、私の抱える諸々の状況を考慮した時、それが私に向いている――選択し得る手法だ、と考えたためです。

    短時間トレードの場合、機会と同等にリスクが増える。リスクを抑えるためにはどうすればいいのかをいろいろ試行錯誤を重ねたところ『負けを認めてしっかり損切りする』『エントリーしてはいけない時を見極める』『機会損失よりリスク回避を優先する』など、いくつか自分なりのルールを構築することができました。

    短時間トレードというのは、手数料を掛ける分、時間的に諸々圧縮を掛けるということで、短時間で利益を積むことができる反面、短時間で同等のリスクを背負う……そういう、時間面でレバレッジを掛けるということだ、と考えていた私に、ここで綴られている事柄はしっかりとフィットするものでした。

    お互い、自分にあったスタイルで、これからもがんばりましょう♪

  3. 大里二郎 より:

    【今日のキモ】リスクとは、時間の長さと、ポジションの大きさで決まります。しかし、多くの個人投資家は時間だけのリスクに目を奪われていると思います。その状態でポジションサイズを大きくすれば、結局リスクを取っていくのです。その状態で、損切りをためらい、デイトレが破綻しオーバーナイトに移行すれば、生き残ることなどできません。

  4. ハイエク より:

    スキャルピングは最も技術が必要とされるトレードスタイルです。
    なぜなら上位時間軸の市場参加者のポジションに影響を受けるからです。ただしそれらの参加者たちの動向が分かるようになるとスキャルピングの精度でデイトレードができるようになり場合によっては
    スイングまで伸ばし、ペイオフレシオ・R倍数が劇的に良くなります。結局の所スキャルピングで利益を上げ続ける人間はデイトレードもスイングも出来ますよ。ただ最も腕が必要なのに安易に飛び込んでくる人は多いですね。

  5. 佐藤 光 より:

     松下先生FX攻略.comの連載お疲れ様でした。大変ためになりました。

     ところで、私は東北人でいまだ東日本大震災の恐怖が抜け切れていないトラウマがあること(明日何が起こるかわからない)、指標発表時以外はテクニカル分析に徹することができること(最低移動平均線とトレンドラインがひけるプラットフォームがあればOK!)、障害のため、ほぼ在宅なので、日がな一日チャートをずっと眺めていられること、障害年金を補完するためのトレードであること、元来会社員でしたので、月給的に収入をコンスタントに得られることに満足感があること、等を勘案して、将来どのようなトレードを選択するかわからないけれども、現在のところはデイトレを選んで取引を行っている次第です。
     チャートを一日ずっと見ていると24時間の中にもサイクルがあり、ボラティリティがある時間帯というのは限られているのがわかります。
     ですので、エントリーは多くても10回、通常数度に限られます。
     みなさんは中長期で平気で月平均何百万、何千万も稼いでいらっしゃるのでしょうが、私は家族を養うためと、先生の言われるストレスで病気に障りがないように、損切りを含めた自分でも厳しいなと思えるトレードルール(それでも納得がいくまで変更を思案する毎日)を作成しており、その中でも一日1万5千円以上は稼がない、月30万円で留める、というルールを厳守して、今のところ成功しています(金額も小さいので、大きく失敗しようがないのです)。これ以上儲けるとなると、リスクが大きくなるのは明らかなので、デイトレでは私にはこのくらいが限度です。
     勿論、中長期の相場というのにも興味がないわけではなく、実は全く逆で、トレードをしていない時間は、松下先生のサイクル理論、エリオット波動理論、ギャンの相場理論、一目均衡表等も研究しています。生活費に追われないようになれば十分採用の対象となり得ます。しかし歳のせいと体同様オツムが悪いため、中々頭に入りません(悲)。
     いずれ、ゲイリー・スミスのように19年間も目が出なかった人もいるし、一人前になるには一生懸命勉強しても5年はかかると考えているので、先生のご指摘を踏まえ、まだ半年程度の経験しかない私は気長に自分に合った取引方法を見つけ出していけたら良いな、と考えております。

  6. 佐藤 光 より:

    「自分がさまざまな可能性を乗り越えて長期投資家として達人になることをイメーージできなければ、安定的に利益を上げるスキャルパーになるという発想はバカげている(中略)これまでたくさんのトレーダーが長期チャートを使ってうまくトレードしようと試みて失敗したように、みんな同じ道をたどることになる。しかも、短い時間枠に挑んだ連中はさらにつらい運命に翻弄され、もっと早く消えていくのだと思う。」(「FXスキャルピング ボブ・ボルマン著より抜粋)

     私は持病の特性上、睡眠時間が数日に及ぶときがあったり、知らずに眠ってしまうことがあるので、起きていられる間にできるトレードは何かと考えたときにスキャルピングかデイトレードを選択することにしました。上記著書は題名が語るように
    スキャルピングを批判しているのではなく、まさにスキャルピングの本です。しかし、序章からこのように厳しい言葉があり、ダマシが多く、スプレッドの問題等も知ったうえで著者は語ります。そして、「スキャルピングがだれにでも向いているわけではない。」とまで書かれてあり、心を見透かされているようでぞっとしました。とにかくFXを始めたばかりの時に読んだので、その手法の異質さ(5分足どころではなく「70ティック足」を使う等)は群を抜いていました。
     体力もないので、今はスキャルピングもやりますが、だんだんと起きる時間を調節してデイトレードに移行しています。(トレーディングが好きなので、何とか起きて頑張っています。)
     松下先生のご批判、大変良く理解できます。同著でも「スキャルピングを理解する最も良い方法は、とにかく海に飛び込んでサメと一緒に泳いでみることだという意見もあるが、それで生き残れる人はあまりいない。」と述べているくらいですから。
     とにかく、無駄なエントリーはしないこと、ブレイクをひたすら待つことが肝心だと思います。
     先生のエールのお言葉をしっかり胸に刻み、当分続けてみるつもりです。サメに食われるのは痛そうなので(笑)。
     

     

  7. Teddy@ssk より:

    時間足が短いトレードは足の数だけ変化があり、その変化を心が許容できるか、或いは変化を監視できる時間があるか、ルールに従ったトレードが出来るか、に尽きると思います。
     
    私も投資の世界に足を踏み入れた頃は、値動きがたくさんある=取れるチャンスがたくさんあると思い込んでました。
    ですが、(特に最初は)値が動く毎に心も動きます。
    心が動くと、利益が出ても損が出てもストレスが溜まります。
    リスク許容度の小さい心はみるみる疲弊し、日常生活や仕事に影響を及ぼしました。
     
    これがFX最初の失敗でした。
    勿論、心の疲弊と共に資金も減らしました。
     
    投資の意味や、リスク管理や、ルールに従ったトレードができるようになると、始まりと終わりが見えているので、ポジションを持った後はストレスを感じることは格段に少ないはずです。
    この意味がわかった時に、初めて利益を上げ始める準備が整ったと言えるように思います。
     
    自分の好きなルールで、長期間続けられるトレード手法を見つけ、人生豊かに幸せな投資家になります。

  8. ジュンジ より:

    デイトレの頃は5分足や15分足のMACD、ボリンジャーを使い、利食いは数P、損切りは今回は大丈夫と思い入れないとどんどん大きくなり、数日間放置して100P、200Pで損切り。ポジションは増え、資金が減っていきました。騙しにかかりやすいです。そんな時松下さんを知り、日足、サイクルを学んで利益が出るようになりました。しかしまだ損切りが入れられないのでリスクがとれず、小さくしか勝てていないのが実情です。

  9. MaxKid より:

    4年半前フルタイムで相場に取り組む時間が出来、それまで利益を上げていた中長期トレードから、何時でも取引できるという理由だけで短期トレードに移行しました。
    結果は惨憺たるもので、半年で止めました。
    その後中長期トレードを基本から勉強し直して、中長期トレードで実績を上げられるようになってから、再度短期トレードに挑戦し、短期トレードでも利益を上げられるようになりました。
    レポートの通り、「短期と中長期は単にタイムフレームの違いだけ」ということを理解できたからだと思います。

  10. kappa より:

    5分足にも、トレンドフォロー、スィングトレード、カウンタートレード、ブレイクアウトのトレードがあります。
    ないのは、オーバーナイトのギャップ、窓開けがないことだけです。
    kappaはそのように教わりました。
    新井先生は、わかりやすいところだけ、取れるところだけをごそっと、取るようにしましょうと言っていました。

  11. 管博司 より:

    短期トレードは仕事から帰宅して食事を取ってから始めるトレードです。
    限られた短時間で体力も必要とします。

    思い込みだけでチャンスでもないのに焦ってエントリー。

    短期トレードはチャンスはかなりと言って良いほど無いと考えます。

    体が疲れるばかり。

    同じチャンスを待つなら最安値と最高値をしっかりと見つけて移動平均線を確認して後は腹をくくってエントリー、もちろん許される範囲の損切りも忘れず中長期トレードが楽だと思います。

  12. 松下 誠 より:

    1つ1つのトレードには、それぞれメリットとデメリットがあります。
    自分の目に、もしメリットしか映らなければ、それは目がくもって
    いることを意味します。
    メリットとデメリットの両方を理解し、敢えてそのデメリットを
    許容する時、本当の成功が始まるのです。

松下誠の投資の哲学