松下誠の投資探求

あなたの利益はどこにある

LINEで送る
Share on Facebook

投資家は、投資という行動を通して、利益を上げようとする。その利益は、不確実なものだ。そのような不確実な世界の中で、どこに利益があるのだろうか。投資家には、その利益が見えているのだろうか。もちろん、未来の価格の動きが、利益か損失かを決める以上、事前に利益が見える者はいない。しかし、全く利益のイメージがないままに、投資を始めるのもおかしな話だ。自分が利益を上げられると思わずに、資金を不確実な状況に投じることなどできない。

投資家は、自分が目指す利益が見えている必要がある。少なくとも、自分が手に入れようとする利益のイメージくらいは、思い描けていなければ、それを手に入れることなどできない。

全ての投資家は、売買に入る前に自分の利益のイメージを描いているだろうか。残念ながら、多くの投資家があまりにも漠然と、曖昧なイメージしか持たずに投資を始める。あるいは、具体的な利益のイメージを全く確認することさえなく、投資を始める投資家は多い。そして、そのような投資家は、利益を手にすることができない。それは、自分の目指す利益が見えていないからだ。あまりにもイメージが弱いからだ。

例えば、ファンダメンタル分析を基に投資を行う投資家は、価格の動きに影響を与えるファンダメンタルな材料を分析し、その上で価格の動きについて何らかのイメージを持つはずだ。同じように、テクニカル分析を基に、投資を行う投資家は、過去の特定の値動きを分析することで、同じような価格の動きがこれから起こることをイメージするはずだ。そのイメージが見えるからこそ、投資家は不確実な状況の中で、資金を投じる。その結果、一定の確率の下に利益を上げる。

さて、あなたはどうだろうか?何らかの投資・売買に入る際に、自分が目指す利益のイメージ、姿を思い描いているだろうか。具体的な目標や動きを想像し、それを手に入れるために投資を行っているだろうか。あまりにも曖昧に、単なる淡い希望や願望のもとに、投資を行っていないだろうか。それが曖昧であればあるほど、失敗する確率は高い。それが明確であればあるほど、成功する確率が高い。何度でも聞こう。あなたの利益はどこにある?それが見えているだろうか。あなたの利益が見えるようになるまで、研鑽を積むのだ。そうすれば、あなたが利益を上げる確率は高くなる。それは、あなたの力で、可能なことなのだ。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あなたの利益はどこにある への6件のコメント

松下誠の投資の哲学