コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

私は○○をきっかけにして、利益を上げるようになりました への76件のコメント

  1. MaxKid より:

    松下さん 皆さん こんにちは

    一年半ぶりにサイトに来てみました。 ご活躍のようでなによりです。

    私は理由があって、現在相場系のメルマガは一切受けておらず、相場に関するサイトもほとんど見ていません。

    「まさか資金を全部飛ばした?」ではありません。

    このスレの下にある2013年3月20日に私が書いた「守・破・離」に関わることです。(よくも偉そうに書いたもんですね。)

    松下さんの教えをベースにルールを作り込んできた結果、おこがましいですが、現在は「離」の入り口に居ると感じております。

    そう入り口なんです。
    入り口ゆえに、メルマガやサイトを見ると、自分で作った
    手法に迷いが生じてぶれてしまう気がするからです。

    過去に他の情報をもとにルールを直した故に、成績が落ちたことが何度もあるので、今は自分の考えだけで一つの手法を突き詰めています。

    松下さんも世界に同じ手法を使う人は2人いない、自分の流儀を愚直に追求してくださいと仰います。

    現在は、移動平均線2本とダウ理論だけを使う非常にシンプルな手法に落ち着いています。
    (サイクル論は環境認識の参考に使っています。)

    メルマガやサイトでも、いろいろいな気付きが得られることもあるので、もう少し自信が持てるようになったら、また拝見させて頂こうと思っています。

    皆様のご成功をお祈り致します。

  2. discount authentic christian louboutin shoes discount

  3. 松下 誠 より:

    大佐さん、こんにちは。
    松下です。

     
    大きな挫折をされ、それを乗り越えられたのですね。
    お辛い思いをされましたようで。
    共感致します。

     
    「辛くて寂しい孤独の夜」
    孤独は、私たちにとって最も辛い境遇であり、
    状態です。

     
    そうではないんだと、心から信じることができれば、
    それは幸せなことだと思います。

     
    「何てことはない 俺にはできる 俺にはできるんだ」
    強い言葉であり、気持ちですね。

     
    何より、実際に大きな挫折を味わった人の
    言葉として、輝きや力を持っていると思います。

     
    大佐さんは、人に何かを伝えることの
    できる人ではないでしょうか。

     
    挫折から立ち直り、この掲示板に
    声を届けていただいたことに
    心より感謝します。

     
    どこかでお会いするご縁があれば、
    お話できると良いですね。

     
    「傷ついた分だけ与えられた幸せ」
    もっともっとお幸せになられてください。

  4. 大佐 より:

    相場とは関係ないだけど…

    一つの大きな挫折をしました

    狂い
     
    発狂し

    涙し

    おかしくなり

    病院の屋上から飛び降りようとし

    列車に飛び込もうとし

    俺なんかこの世にいても意味なんかない

    生きてても意味がない

    辛くて 辛くて 辛くて 寂しいい孤独の夜を過ごしたんです

    でも

    いつからだろう  何てことはない 俺には出来る 

    俺にはできるんだ

    そう

    変わってきたんです,,,,,

    今でもどうしてこうなれたんだか分からない…..

    でも一つだけ

    今なら分かる事がある

    それは

    神様は 沢山傷付いた分だけ 幸せを与えてくださること

    そして 神様はちゃんと見て下さってるし  

    それ以上に

    神様はちゃんと 見ているんだって事を……

    だから いつも神様に感謝している

    ありがとうございます!!

    と…….

      

  5. MaxKid より:

    松下さん 皆さん こんにちは
           
    匿名さん 書き込みありがとうございます。
    しばらくサイトに来ていなかったので、私の方こそ遅くなって申し訳ありません。
    定期的にサイトをチェックせず、気が向いた時に見に来るのはいわゆるマイペースで、投資家としては不適格なのかも知れませんね。
      
    海外出張ですか? 世界を股にかけるビジネスマン、かっこいいですね。
    大変な仕事のようですが、やり甲斐があるのではないでしょうか。
      
    成功しているどの投資家も、最初はみんな他の仕事を持ったままスタートし、仕事が終わってからコツコツと研究を続けて最終的に成功者となっています。
      
    松下さんも製薬会社に勤めながら、仕事が終わってから夜な夜なサイクルを数えていたそうですね。
      
    私も会社勤めをして、残業を終えて帰ってから毎晩チャートを調べたり過去検証したりする生活を5年間続け、ある時すごく儲かるようになったのです。
      
    年が分ってしまいしまいますが、定年になる前の年に1年間で資金を40倍に増やす事が出来たので、専業でやれると勘違いして定年延長をせずに退職したのです。
     
    ところが、専業でやれば儲けられるような甘い世界ではない事を思い知らされ、松下さんに弟子入りしてようやく利益を上げられるようになったのです。
      
    仕事を持っている方は、仕事の安定収入があるうちに本当の実力を身に付けてしまう事が一番良いと思います。
      
    時間的には辛いでしょうが、努力を続ければ必ず成功しますので頑張ってください。
      
    ご成功をお祈りいたします。
      
     

  6. 匿名 より:

    Max Kidさん こんばんは。

    海外出張の為、返信遅れてしまいました。あれから夜になると、仕事以外は過去検証しています。ここまで真剣に過去検証したことがなかったのですが、なかなか大変ですね。まだご報告するようにはなっておりませんが、時間かかっても必ずやります。
    私は、レポート会員ですが、松下さんの「メンタルコントロール投資教室」には、まだ参加しておりません。出張が多く休みもランダムでなかなかチャンスが。しかし、私のような人間こそ、松下さんにスパルタで教わるべきだとわかっていますし、本当に是非参加したいです。だから、参加できる人が羨ましいです。でも、何とかしていつか近いうちに参加します。
    なぜなら、Max Kidさんのおっしゃる通り、それが一番の早道だと思うからです。
    「守」頑張ります。また、報告させてください!

  7. MaxKid より:

    松下さん 皆さん こんにちは
      
    匿名さん書き込みありがとうございます。
    (できればバンドルネームでも付けて頂くとありがたいですね。)
      
    匿名さんは松下さんの「メンタルコントロール投資教室」に参加されたことはあるのでしょうか。
      
      
    2013年3月20日 MaxKidで「守・破・離」について書きましたが、先ず守るべき先生の教えが必要です。
      
    私はなかなか先生を見つける事が出来なかったので、遠回りしました。
      
    受講料を惜しんで損失を出すより、早く先生につくことが早道だと思います。
      
    もし受講されているのであれば、「守」が大切ですね。
      
      
    ご健闘をお祈り致します。
      

  8. 匿名 より:

    Max Kidさん ご教授ありがとうございました。
    過去検証→デモ→リアル、そして ルール遵守率100%、全部1からやってみようと思います。一番難しそうなのが遵守率100%です…
    何よりMax Kidさんのように自信を手に入れたいので、気合い入れてやります。
    自分、変わりたいんです。ありがとうございました。また書き込み待ってます。

  9. MaxKid より:

    松下さん 皆さん こんにちは
       
    メンタルコントロールについてお悩みの方がいらっしゃるということで、メンタルコントロールを中心に書かせて頂きます。
       
    メンタルコントロールは松下さんが常々仰っているので、私が書くのは僭越なのですが、体験を含めて書かせて頂きます。
      
    この上の3月3日のMaxkidのスレの『5)メンタルは自然に整う』に「自信が持てる自分のトレードを作る事が早道だ」と書きましたが、そこまで到達するのが大変なのですね。
       
    具体的にどうしたら良いかということになります。
       
    1)バックテスト(過去検証)
      ルールは何でも構いません。文章化されたルールに従って日足であれば過去3年程度、チャートの右端を隠しながら実際の取引をイメージして検証します。
    これで利益が出れば、そのルールは有効ということになり、利益が出なければルールを修正します。
    利益が出た場合、過去3年と同じような相場になれば利益が出るということになります。
      【自信①】
       
    2)デモトレード
      【自信①】が絶対であればいきなりリアルトレードでもかまいませんが、デモとリアルで全く同じ相場に関わらず違いが出るのは、メンタルによるものです。
    デモトレードで納得のいく一定期間取引して利益が出れば、そのルールは有効ということになります。
      【自信②】
       
    3)リアルトレード
      【自信①】【自信②】を持ってリアルトレードに臨みます。
    私の場合は、取引一つ一つを記録しているExcelシートの項目に[ルール遵守]という項目を設け、勝ってもルール通りでなければ(X)を付け、全回数に対する(〇)の比率を[遵守率]として算出して判定しています。
    私の場合は、現在でも累計でいうと60%程度です。(最近だけ分けて集計していないのでこの程度です。)
    これで、ルール通りやれた取引だけを集計してみて利益が出ていれば、そのルールは有効となります。
      【自信③】
       
    【自信③】まで行けば、ルール通りやれば利益が上がることが分かっているのに、わざわざルールを破って損失を出すことがアホらしくなるはずです。
       
    あとは、ルール遵守率を100%にするよう努力するだけです。
      
    っと、言葉で書くと簡単ですが、私は今でもトレーリングストップをきつくし過ぎて乗せられる利益を逃したりしています。
      
    私も遵守率100%に向けて努力中です。
      
    皆さんのご健闘をお祈りいたします。

  10. 松下 誠 より:

    MaxKidさん、皆さん、こんにちは。
    松下です。
    MaxKidさんのコメントを見て、
    とれも嬉しく思います。
    私が投資に関して、どこまで伝えられているのか、
    それは受け取る人次第様々で、評価や意見は分かれると思います。
    しかし、こんな風に一人でも投資家の方に影響し、
    それが良い方向に向かっているのであれば、これほど嬉しいことはありません。
    進んで行くと、元の場所に近づいていたというのも、
    非常に興味深く読ませていただきました。
    皆、同じような経験をするものです。

  11. MaxKid より:

    松下さん みなさんこんにちは。

    久しぶりにサイトに来て見て、松下さんが私が書いたスレにコメントをされているのを知って大変嬉しく思います。

    私はやっと一人立ち出来てから、サイクルトレードの効率をいかに上げるかを追求して改良を続けているうちに、自分がアレンジした部分がどんどんそぎ落とされて、いつの間にか始めに松下さんに教えて頂いた形に近いところに戻ってしまいました。

    いかに基本がゆるぎないものなのか、ということだと思います。

    現在の成績ははアベノミクスに浮かれることなく、勝率45%・ペイオフレシオ2.0程度で安定的に推移しています。

    スポーツ選手でも、一流の方は基本を教えてくれた先生を何時迄も忘れないのだと思います。松井選手と長島監督の様な関係です。

    私も、私に投資の基本を教えて下さり、泥沼から救って下さった松下さんを忘れません。

    改めて御礼申し上げます。

  12. 松下 誠 より:

    みなさん、こんにちは。
    先日6月16日にダイレクト出版(株)主催の
    セミナーにおいて、MaxKidさんが前に書かれた、
    「守・破・離」の話をしてきました。
    私が投資を伝え、その中から驚くような
    パフォーマンスを上げた投資家さんたちは、
    皆、最初は私の教えを守り、その後自分のアレンジを加え破り、
    そしてオリジナルを追求し、離れて行く過程で、
    大きな利益を上げています。
    そんな皆さんが、松下さんの言う通りにやっています、
    と言っていただけるのを聞くと、何だか嬉しくなります。
    守・破・離 
    みなさんも、どんどん離れてくださいね。

  13. MaxKid より:

    ハムいん さん

    コメントありがとうございます。 反応して頂くと嬉しいものです。

    にゃんこさん こんにちは

    『久しぶりに○○きっかけで利益・・・の話 』で私が思い出すのは、武道などを習得する時に言う「守・破・離」です。

    守・・・先生の言うとおりに実行して基本を覚える。
    破・・・基本をマスターとたところで自分なりの工夫を加える。
    離・・・自分の流儀を確立して独り立ちできる。

    というところでしょうか。

    私の場合は
    守・・・本を読み漁っての自己流で失敗から脱出できず、松下さんに出会ってやっと基本を学ぶ。
    破・・・基本をマスターしたと勘違いし、早すぎる自分流持ち込みで遠回り。
    離・・・地球一周程の遠回りの末やっとオリジナルを確立。

    ということで、気付いたらベテランといわれるほどに時間がたっていました。

    初心者の方は、まず、松下さんの仰る通りに出来るようになることが、一番早道なのだと思います。

    ご参考になれば幸いです。

  14. ハムいん より:

    MaxKidさん
    私の好きな投資理論、と共に読みました。
    MaxKidさんは全て順序立てて書いてくれているので、とても分かりやすかったです!
    今、相場はどこに向かっているのか?→サイクル論ではどこにいるのか?→テクニカル的に仕掛けて行けるのか?
    この順序が妙にハマりました(笑)
    ご教授ありがとうございました~(*^O^*)

  15. MaxKid より:

    皆さん 松下さん こんにちは

    私は何かを切っ掛けに急に改善したことはありません。
    過去を振り返って見ると、日々研究するうちに気が付いた改善を実行するたびに、少しずつ利益側に傾いてきました。

    1)自分で研究して考え、判断して行動する。
      私が投資を始めたのは商品先物の外務員を通しての取引でした。 
    朝「今日は灯油が買いですよ。」と電話が掛かってきて、「じゃ5枚頼むは。」といった感じです。
    その結果、追い証追い証と追いつめられて、気が付いたら松下さんの半分ぐらいの損失になっていました。
    3ヶ月ぐらいトレードを休んで頭を冷やしてからネットトレードに切り替え、自分で研究し、考えて判断し、行動することが出来るようになってから追い証に悩まされることが無くなりました。

    2)取引量を小さくし、的確な損切りができる。
      始めはストップ安の下など根拠も分からずにストップを入れていましたが、松下誠塾で教えて頂いた直近安値の下にストップを入れ、小さな枚数で取引することで改善しました。

    3)メリマンサイクルを使えるようになる。
      サイクル論を覚えたての頃はこだわり過ぎていて、後で考えると「何でっ」と思えるようなところでエントリーしたりしていました。
    現在はサイクルを縦横に使えるようになり、自分が思った通りに相場が面白いように動いてゆき、改めて”松下サイクルトレード”の威力に感動します。

    4)木だけ見ず森を見る。
      最初は日足の数本の動きなどが気になって、ビビったりしながらトレードして失敗していました。
    月足 ⇒ 週足 ⇒ 日足 と順に見る習慣が身に付いてから劇的に改善しました。
    現在は更に 6時間足 ⇒ 2時間足 ⇒ 15分足まで見て、場合によっては15分足のブレークアウトでエントリーする事も出来るようになり、日足で見ると大底で買えているので喜んだりしています。

    5)メンタルは自然に整う
      経験を積んで自分のトレードに自信が持てるようになったら、いつの間にか気持ちが乱れなくなりました。 自信が持てる自分のトレードを作る事が早道だと思います。
    不安を感じるような時は自分の判断に誤りがないか、何度も見直すようにしています。
    嬉しい感情も、以前は含み益でぬか喜びしていましたが、現在は「相場は魚と同じで、頭としっぽは食べられない」ことを肝に命じ、仕切って講座に入るまで取っておくようにしています。

    長々と貴重なスレッドを占有して申し訳ありません。

    少しでも皆さんのご参考になれば幸いです。

  16. ハムいん より:

    にゃんこさん
    私は、1番→2番 の過渡期です。
    解りやすく教えて下さって、ありがとうございます!

  17. にゃんこ より:

    久しぶりに○○きっかけで利益・・・の話をしたいと思います。
    それは、「最初に決めておく」です。
    何を???と言いますと、自分自身がどういうトレーダーになるのかというイメージを決めるのです。
    私の場合は、松下さんに相場を教わりましたが
    1.松下さんの言う事に全て従うトレーダー(ここでの意味は、レポート通りに売買するという意味で書いています。)
    2.自分でエントリー&エグジットのストーリーを考えれるトレーダー
    上記のうち2番を選択しました。
    実は、ワタクシ他社のレポートを購読していたことがあるんですが、今思えば短期目線のレポートだったんですね。それに気づかず、レポートを読み解く力もないくせに、ポジション持って、逆方向に行ったときなんかは、早くレポートの日になってぇ!!!次の指示ちょうだいよう!!!と泣きたい気持ち&半狂乱状態だったんです。
    また、ここでは損切とかリスク管理の話は一切なしで、無知のくせして利益だけいただきたいと思ってる私は相場から往復ビンタをくらい続ける状態で・・・。
    この時の情けない時期があったからこそ、どうしても「きちんとしたスキルと自分で考え抜く力が欲しい!」と思いました。
    松下さんの元で一から勉強をした時に、私の目線は(どうして、その考え方をするのか?)という事に集中し続けることができました。
    1番を選択してもいいと思います。ですが、なぜエントリーするのか?という理由を理解すること、人の言うとおりにする!と決めるのであれば、それをやり続けることが大切だと思います。
    私は、人の言うとおりに行動し続ける自信がないので、自分で選択し行動することを選びます。

  18. 松下 誠 より:

    eruさん
    こんにちは。ビギナーの方が、何から学び始めるか?ですが、
    昨日と本日の私のメルマガで紹介、解説しました。
    「投資・トレードを1から着実に学ぶ方法~その1~」
    http://ameblo.jp/cycletrade/entry-11435165391.html
    「投資・トレードを1から着実に学ぶ方法~その2~」
    http://ameblo.jp/cycletrade/entry-11435828015.html
    投資の日記をつけるという、至ってシンプルですが、
    非常に強力な方法です。
    「やった方がいいですよ!」と何度言っても、
    やらない人が多いです。
    面倒くさくても儲かる方が良いか、それとも面倒でなく、
    損する方が良いか、という選択なのですが。

  19. eru より:

    投資教室の日程を見たらやはりその時期は出張と重なり行けなくて非常に残念です…春以降は参加できると思いますのでまた開催して頂けたら嬉しいです!

    それでなんですが投資教室に参加するまで自分自身でFXに関して勉強したいと思っているのですが巷に情報が多すぎて逆に何から理解をしていけばいいか分かりません…私のようなビギナーは何から入っていけばよいのでしょうか?

    松下さんは失敗の経験から這い上がったと聞きます、ぜひFX投資のイチからの学習法を教えて下さい。

  20. ハムいん より:

    ゆきさん ToutleMondeさん

    私も サイクル投資マスターブック 持っています\(^_^)(^_^)/
    いつも「いち、にー、さん…」 と、数えています。
    メリマンサイクルからのヒントを得て、オリジナルで、松下サイクル論を生み出した松下さんに感謝しています♪

    ToutleMondeさん

    きちんとルールを決めて、信じたから、一日一回だけのPCの確認なんですね!
    やはり、信じて続けて行くことに尽きますね~
    改めて認識です♪
    時々熱くなってしまうので、クールダウンします…(ノ_・,)

  21. ToutLeMonde より:

    ハムいんさん
    私が今年使ったルールは、チャートソフトからダウンロードしたデータをExcelで開いて、計算式を使うと
    エントリーポイントやエグジットポイントが求めることができたので、それを使ってシミュレーションしました。
    シミュレーション結果は、プラスであったので、
    (じゃないと採用しませんよね)
    それを信じて、トレードしました。
    シミュレーションでは、勝率55%位だったので
    半分は損切りなる、けど最後はプラスになる、
    と言い聞かせて始めましたね。
    最初の頃は、途中で覗きたくなりましたが、
    「ルールを守る」という決意が揺らぐとイヤだし、
    ルールを守る、と決めると、日中、どんな状況を
    目にしても、エントリーも決済もできない、と思うと
    「見る必要がない」と思うようになりました。

    ハムいんさんも、自分のトレードの振り返りを行い、
    多くの人がやらない一歩を進めていっているし、
    人の書き込みから、何かを得ようとしている事を
    感じるので、とても良いと思います。

    松下さんは、このように皆が相乗効果で上昇できるようにこのような場を開いてくれたと思うので、
    一緒にそれに乗っかっちゃいましょう

  22. ToutLeMonde より:

    ゆきさん
    このサイトに来る人は、松下さんの教えの元で学んでいる人が多いと思うのですが、松下さんのトレードは、サイクル論をベースにしたものです。
    なので、松下さんの唱えるサイクル論を利用している人が多いのではないか、と思います。
    このサイトの商品一覧にもありますが、「サイクル投資マスターブック」なんかは、松下さんのサイクル論がわかりやすく解説されているし、主要な通貨ペアのサイクルのカウントの説明もあるので、手元にあると良いかもしれませんね。

  23. ゆき より:

    サイクルとゆう言葉がこのスレにはよく出てきますがそれは通貨ペアによって違いますか?

    私はドルストレートを主にトレードするのですが、ユーロドルとNZドルドルの週足ベースでのサイクルを教えて下さい。

  24. 松下 誠 より:

    ゆきさん
    レスが遅くなりました。
    フィボナッチですが、具体的にトレードルールに
    加えたことはありません。
    環境を確認する時に使う程度といった感じです。

    Toutle Mondeさん
    FX会社が撤退とは、個人が避けようのない事態でしたね。
    確かに、今の相場だと悔しいですね。
    次もまた、しっかり乗りましょう。
    サイクルの転換点でのって、さらに増し玉して利食い、
    ぜひ実現させてください!

  25. 松下 誠 より:

    ゆきさん
    レスが遅くなりました。
    フィボナッチですが、具体的にトレードルールに
    加えたことはありません。
    環境を確認する時に使う程度といった感じです。

    Toutle Mondeさん
    FX会社が撤退とは、個人が避けようのない事態でしたね。
    確かに、今の相場だと悔しいですね。
    次もまた、しっかり乗りましょう。
    サイクルの転換点でのって、さらに増し玉して利食い、
    ぜひ実現させてください!

  26. ハムいん より:

    今のは、↑ ↑ハムいんが、書きました♪

    ごめんなさいm(__)m

  27. 匿名 より:

    ToutleMondeさん☆
    今週のクロス円の上昇を見ると…お気持ちお察しします((T_T))
    友人もかなり凹んでいましたよ(|| ゜Д゜)
    でも、何かの巡り合わせと切り替えましょう!
    トレードってポジティブに行かないと寝込む位ショック受けますよね(笑)
    一日一回だけの確認で我慢できるなんて、わかってらっしゃいますね~
    私も早くそうなりたいです。
    チャートを見てみるのはやりましたよ!
    才能ないのが思い知らされましたが…(ノ_・,)
    でも、ToutleMondeさんは、やるべき事を着実にやってらっしゃるから、すごいです。
    私も、見習ってひとつずつやります!!
    ありがとうございました!!

  28. ToutLeMonde より:

    ハムいんさん、ありがとうございます。

    ご友人さんの業者と同じだったのでしょうかね。

    今週のクロス円の上昇を見ると、ちょっと、いや
    かなり残念な気がします。そのFX業者がやめずに
    いてくれたら・・・と。

    ハムいんさんもサイズと損切りが重要を書いていますが、本当にそうですね。

    以前は、ずっと自分のポジションが気になり、
    ちょくちょく確認しては、値動きに我慢できず、
    決済していましたが、今は1日1回だけ確認し、
    かなり穏やかな心で過ごすことができています。

    次は、今年のチャートを振り返り、『なぜここで
    取れていなかったのだろう?』というところを
    改善していきたい、と考えています。
    「サイン出ていたのに、怖くて入れなかった」とか
    「なんでサイン見逃していたのだろう」とか。

    また、次にサイクルの転換でポジションを持つことが
    できたら、押し目で増し玉して、「こんなに取れた~!!」っていうのをやってみたいですね。
    その辺りのルール作りもしてみようと思っています。

    長文、失礼しました。

  29. ハムいん より:

    ToutleMondeさん
    毎朝六時起きでチャートチェックなんてすごいですね。
    私の友人も先日、FX業者さんが同じような状態になりましたよ~
    今年プラスで良かったですね!
    私は現株ですが、お互いがんばりましょうね~

  30. ToutLeMonde より:

    こんにちは。私は、松下さんを知って1年くらいですが、いろいろ学ばせていただいています。
    今年はプラスで終えることができましたが、そのきっかけは ①売買サイズを小さくする(損切り%は2%) ②どこを取りに行くか、を知ってエントリー、エグジット、損切りを行う ③検証をして、自分のルールを信じる というところでしょうか。
    また今年は1月から、毎朝6時から30分間でチャートを見、記録し、サインが出ればトレードする、というのを続けています。
    私のルールは、サイクルのトレードではなく、MACDとストキャスを使ったスイングトレードでした。
    朝は眠いですが、辛いことはなく、とても楽しい時間ですね。

    しかし今月事件があり、取引していたFX業者がリテールのFXを終了することになり、
    せっかく今のトレンドに乗っていたのに、決済を余儀なくされました。
    またチャート等の使い勝手も変わるので、操作になれ、ルールの再構築ができたら、再開です。

  31. ゆき より:

    わかりました、早速照らし合わせてみます。
    松下さんはエントリーやエグジットにフィボナッチは使用しますか?

  32. 松下誠 より:

    ゆきさん
    ようこそ、ご参加いただきました。
    これから楽しんでくださいね。
    さて、ご質問の件ですが、そのように動くときもある、
    というくらいの理解でいいと思います。
    よく相関性ということは、色々な銘柄間や市場間で言われますが、
    実際には全く異なった動きをします。
    試しに、ご質問の4銘柄を、日足、週足、月足と
    プリントアウトしてみて、上下に並べて見比べてみてください。
    似ている動きをするときもあれば、全く違う動きをする期間も
    あります。
    ご自分でやってみると、よく分かりますよ。

  33. ゆき より:

    友人からこちらの存在を知り初めて書き込みさせて頂きます。

    チャートなんですがダウはドルと逆連動(ダウが高い時はドルが安い)して、日経平均は円と逆連動(日経平均が安い時は円が高い)する形でしょうか?

  34. ハムいん より:

    マクさん~
    勉強になったというのは、マクさんが博学だからですよ!
    アルケミスト、読んでみようかな・・・

  35. 松下誠 より:

    “投資教室よりも長く深いセミナー”ですが、
    確かに最近やってないです。
    いつか、機会が来たら、やることもあるかもしれません。
    第1回は2006年11月30日でした。
    なんだかんだで、50回近く開催しましたかね。
    地方セミナーの福岡や札幌でもやった記憶がありますね、
    札幌ではなく、仙台だったか・・・・・
    そうそう、先日、私の教え子同士が結婚しましてね、
    二次会で主賓として挨拶をしたのはいいのですが、
    その時の紹介が
    「新郎・新婦のお二人に、幸せになる壷を売った、松下誠さんです」って。
    まあ、セミナー会場で、壷を売ろうかと考えたこともありました。(笑)(ウソです)

  36. サラ より:

    マクさん、
    ”投資教室よりも長く深いセミナー”私も興味深々です。
    マニアックな特別教室(番外編)でも開いて頂きたいぐらい(笑
    私はもしかしたらマクさんと同類かも知れず(謎)意識の持ち方って相場だけでなく、何をするにしても目の前に現れる現実と深く関わっているのではないかと思ってます。
    ただ、潜在意識って自分自身で掘り下げていくのって、結構覚悟いりますよね。。

    『先物市場のテクニカル分析』は野川さんに、この本読んでからでないと、相場張ってはダメです。と講義を受けた時に言われた事あって・・その時はとてもとても読めなかったので、やっぱ、読もうかなぁ。と、。 辞書的に私も使いたい..。(汗

  37. マク より:

    >松下さん
    投資教室よりも長く深いセミナーとても興味があります(笑)
    投資はあくまでひとつの通過点だと思っていますので。
    また、新しい発見があると思うのでもう一度「アルケミスト」読んでみます。

    >サラさん
    『先物市場のテクニカル分析』ですか・・・
    私も何年か前に買いましたが読破できず数ページ読んで本棚置いてあります。
    今は辞書の様な使い方してます。このテクニカル指標どうだったかなぁ~とか見る時に

    >ハムいんさん
    勉強になったとか言われたの初めてです(笑)どんな所がですか??

  38. 松下誠 より:

    ↑明らかに私の投稿と分かりますが、松下が投稿しました。

  39. 匿名 より:

    私の場合、潜在意識と顕在意識の調和などという大げさなものは、
    学んでいません。
    相場の経験と、その後の様々な経験の中で、ああこんな感じかな、
    という思いはあります。
    パウロ・コエーリョさんの「アルケミスト」に関しては、
    相場に入る前、製薬会社の営業職時代に、仕事中に
    何気なく入った書店で手に取った本でした。
    読んでビックリ、私の最も好きな本の1冊になりました。
    それから5年くらいして相場に入り、さらに数年して、
    野川さんのお勧めの書籍に加わり、さらに倍のビックリです。
    錬金術師とは、古来、鉛を金に変え、不老不死の霊薬を司る存在、
    しかし、もっと深い意味が込められていると、今は思っています。
    この話を始めると、投資教室よりも長く深いセミナーが始まるので、
    それはまた別のお話、ということで。(笑)

  40. さら より:

    ↑HNが展開されませんでしたが、サラが書き込みました。

  41. 匿名 より:

    マクさん、

    やっぱりそうですよね!
    ですが、聞いてみたくて聞いてみました(笑

    私も”野川さんお勧め図書”の一冊に上げられていた事を思い出し、実はつい先日アマゾンで注文したばかりだったりします。

    一度に2~3冊、同時進行読みする傾向があるのですが、まだこの本には手が届いていなかったりします。
    ちなみにいまハマってしまっているのも野川さんお勧めの図書『先物市場のテクニカル分析 (きんざい社)』なのですが、まだまだ読み込めていないのです。。

    ちょっと読んでる本の入れ替えをしてみます^^

  42. ハムいんる より:

    マクさん…って鋭いですね~!
    勉強になりましたm(._.)m

  43. マク より:

    サラさん
    私の予想では松下さんも野川徹さんも推薦書籍としてあげられているアルケミストという小説から来ていると思います。

    なぜ相場に関係無い同じ本をお二人とも勧めているんだろう?と思って読んでみましたが、理由が分かりました(笑)
    これ以上は、ネタバレするので書きませんが、私もお薦めです。

    錬金術の秘薬も載ってるかも

  44. サラ より:

    マクさんが、意識について質問されているので、松下さんのコメント楽しみにしております^^
    で、私は前々っからいつか質問をしてみたいと思っていた事を投げかけてみたいと思います。

    Twitterで使っていらっしゃる
    archemistmですが、
    =錬金術師m(atsushita)

    ってことですよね。

    ・・だとすると、錬金術師の秘薬は・・メンタルコントロール或いは今日放送されたビタミンですか?

  45. マク より:

    松下さんが上で書かれているエド・スィコータの言葉
    「勝っても負けても、皆自分の欲しいものを相場から手に入れる。」
    「彼らは負けることによって手に入れるんだ。」
    というのをマーケットの魔術師で読んだ時衝撃を受けました。

    利益を上げていないのは、実は技術的な問題より、潜在的な意識の部分にあり
    もっと自分の潜在意識の中を整理する必要があるのでは?

    意識と潜在意識を利益という同じ方向にうまく調和していく必要があると考えています。

    松下さん利益を上げられるようになる時期にこの辺りの変化や発見はありましたでしょうか?
    トレード以外で何か訓練やされていた事などありますか?
    もし方法や何かヒントになるような書籍など、あれば参考にさせて頂きたいと思います。

    瞑想などで自分の心の動き、湧き出る感情などを感じ取る所からなのかなぁと思っています。

  46. にゃんこ より:

    自分の性格に合った時間軸を見つける、これも利益を上げるきっかけだと思います。
    私の場合、平均18週間のサイクルスタートから天井を取りに行く松下さんスタイルがたまたま私の性格に合っていたのです。ポジションを10週以上持ち続けているのが気楽なのです。逆に、忙しすぎるのは無理です。
    このスタイルがいいかも?!って思ったのは、消去法でもあります。
    かなり恥ずかしいんですが、私運動音痴なんですよ。(くぅうっ)なので、最初にスキャルピングは候補から外れます。で、デイトレも自分の鈍くささを自覚していながらプロトレーダーに混じる根拠と勇気がありません。
    松下さんに出会うまでは、何の根拠もなく30分足とか1時間足でエントリーしては損失が膨らんでいくのを見て硬直しておりました。
    「ゆったりとトレードしてもいいんですよ。」という事を教えていただいた時は目からうろこ!でした。
    短い足でトレードされる投資仲間から「そんなに長くポジション持てるなんてすごい!」って言われたことありますが、違うんですよ。私の場合はモタモタしてるから速くできないんですってば。。。

  47. Airi より:

    ソニー!!昨日損切りしました。
    受講する前に買っていたのに何で今まで!!
    バカヤロウです^^

  48. 松下 誠 より:

    ハムいんさん
    シャープ下がりましたね~。
    パナソニックにしても、ソニーにしても、
    まさかあの会社が、と思うところが、今の価格ですので、
    甘く見てはいけないですね。
    「絶対に○○だろう」なんてのは、最も危険ですので、
    先入観や固定観念を持たずに、資金管理を徹底したいですね。

  49. ハムいん より:

    松下さんに教えて頂いた、「サイズを小さくして、エントリーと同時に損切りを必ず入れる」事ですね!!
    劇的に効果がありました♪
    だってその前は何も考えず、テキトーに買えるだけエントリーしてましたからね…
    「損切り?何それ?美味しいの?」 状態ですよ…
    そりゃあ、飛ばしまくりますよね~(笑)
    最近ではシャープですね。直近安値を割ったので泣く泣く損切りしたら、台湾のメーカーとの合併話で、スルスル上がって来やがって、「ガーン(|| ゜Д゜)」とショックを受けていたら、今度はまたみるみる下落していきました…
    結果、シャープは142円になりました~
    私がホッとして胸を撫で下ろして、小さくガッポーズをし、「ビバ!!松下先生!!!」と、つぶやいたのは言うまでもありません( 〃▽〃)

  50. 松下 誠 より:

    eruさん
    投資教室に関しましては、10月から基礎コースをスタートしました。
    欠席時の対応に関しましては、実際の授業を録画し、
    DVDにして後日お渡しします。
    さらに次回の同じコース、同じ日での振り替え受講を
    していただけるようにしております。
    欠席分の返金というご対応はしておりませんので、
    ご参考にされてください。
    なお、今後さらにお聞きになりたいことがありましたら、
    メールで、info@dreamworks.co.jpまでお送りください。

  51. eru より:

    ありがとうございます!詳細はさらに調べてみます。

    投資教室始められるんですね、非常に興味があります!
    それで質問なんですが全4回のうちもし出張などが入り半分の2回しか参加できなかった場合や12月、1月は異動時期なので万が一全て参加出来なかったは場合は行けなかった其の回は動画で学ぶ形ですか?あるいはその参加できなかった回を差し引いて返金とゆう形になるんでしょうか?

  52. 松下 誠 より:

    にゃんこさんも前に「相場に寄り添う」と書かれていますが、
    力を抜いて、身を任せるようになると、利益が上がる気がしますね。
    散々力に任せて相場を征服しようとしてもできません。
    私たちは、相場の流れの中で、漂っているだけだと思います。
    力を抜いて、相場に合わせて、いただけるものをいただく、
    そんな感じですね。

  53. 松下 誠 より:

    eruさん
    RSIというのは、直近の一定期間の値動きの幅の中での
    陽線の比率を単純に意味しています。
    一定期間で陽線ばかりになれば、買いの過熱感が示唆されますし、
    陰線ばかりになれば売りの過熱感が示唆されます。
    そのような視点から、RSI>70とか80の場合に、
    買いが過熱していて、一旦逆に動くのではないかというように、
    反転や転換を想定するような使い方をします。
    逆にRSI<30とか20では、上昇に転換するのではないか、
    といった具合です。
    これはごくシンプルな説明ですので、詳細はどこか他で
    調べてください。
    一般的、RSI、RCI、ストキャスティクスなどは、
    オシレーター(振り子)系の指標と呼び、振り子が振れ過ぎると
    戻ってくる様を指標に見たてて、反転や転換を考えるのが
    1つの利用法です。
    しかし、トレンドが極端に強くなれば、RSIが片方に偏ったまま
    長く推移することもありますし、日足、週足、月足では
    それぞれの値が全く違うことを示唆しますので、よく考えて
    使わないといけません。
    うまく使っている方、教えてくださいね。

  54. 松下 誠 より:

    皆さんへ
    この掲示板は、私の掲示板ではないですから、遠慮せずに
    投稿してくださいね。
    eruさんの疑問も、私ではなく、それぞれの方が
    それぞれの使い方を書いていただけると参考になると思います。
    「松下さんが答えるものだ」なんて、思わないでくださいね。
    それだと、せっかく大勢の人が集っていただいている意味がありません。

  55. eru より:

    お恥ずかしいのですがテクニカルは移動平均線しか使った事がなく、RSIとゆうものを使った事がありません…このRSIとゆうのはどのような時に効果を発揮し使うものでしょうか?

  56. 松下 誠 より:

    にゃんこさん
    確かに、相場に逆らってみても、利益を得ることはできません。
    相場とともに、という感じですかね、深いです。

  57. にゃんこ より:

    相場から得ることよりも、相場に寄り添ってみようと思えた時に心が軽くなり、自然とリスクと待つ時間を受け入れれるようになりました。

  58. 松下 誠 より:

    カミーさん
    「読めない、分からない、ボラが大き過ぎる、、、休みます。」
    というのは、皆さん、参考になると思います。
    ロスカットの徹底というのも、プロの方の姿勢として、
    しっかりまねたいですね。

  59. カミ― より:

    コツコツ利益を積み上げ、、、、
    分散してトレードを行う。
    読めない、分からない、ボラが大き過ぎる、、、
    休みます。
    ロスカットも徹底します。
    エントリーしたと同時に、ロスカット水準を決めます。
    こんな感じでパフォーマンスが上がるようになりました。。。

  60. 松下 誠 より:

    eruさん
    私の現在のサイクルの使い方ですが、
    サイクルの判定の補助材料としてRSIを使います。
    またトレードポイントは、転換点だけに限らず、
    サイクルの様々な局面にてトレードチャンスを見出します。
    多様なトレードです。
    サイクルは、どこか局所で使うものではなく、
    値動き全体の環境認識になります。

  61. eru より:

    損切りを考えたことがなくトントン拍子で利益を得れたから置かなかったんです…やはり損切り大事ですね。
    >サイクルの使い方は初期の頃はそうでした!とのことですが現在の使い方はどのようにされていますか?

  62. 松下 誠 より:

    にゃんこさん
    ピアノの心得があるのですね。
    羨ましいです、ピアノ弾いてみたいです。
    ちょっと叩いて、指がつりそうになったことはあります。(笑)
    確かにお稽古事は、なかなか最初思うようにやらせてもらえないです。
    仮に弟子を取るとしたら、やっぱり最初は売買させませんね。
    綾香さん
    そうですか、色々な手法を試した挙句、移動平均線とローソクですか、
    深い話ですね。
    eruさん
    9割を飛ばすのは、笑えないです。
    テクニカルは何が一番使えるか?ですか、
    それはもう1つのスレッドが役に立ちます。(笑)
    https://www.dreamworks.co.jp/lounge/theory/
    サイクルの使い方は初期の頃はそうでした。

  63. eru より:

    ずっと感覚だけで売買をしてある上昇が起きて利益の9割を飛ばしてしまいました(泣)
    テクニカルは何が一番使えますか?
    松下さんはサイクルを週足で数えて何かしらのテクニカルでエントリーをする感じでしょうか?

  64. 綾香 より:

    ホントに沢山の教材を購入して、沢山の手法を検証し、チャートに色んなテクニカルを表示させて…

    7年間の歳月が過ぎましたが、なんとなんと結局戻ってきたのは師匠の書籍にあった

    移動平均2本とローソク足。

    俺って遠回りしすぎ!!(笑)

    王道が最善でした~(´∀`)

  65. にゃんこ より:

    投資を学ぶってどういうことなのか、当初イメージしにくかったので私が経験したことのあるお稽古ごとに置き換えて考えました。
    例えばピアノ。先生に「自由に弾いてみようか?」と言ってもらえたのは習い続けて10年が経った時でした。
    また、最初は先生のピアノの演奏で歌を歌ったり、手拍子でリズムを取ったり、紙鍵盤に指を置くだけだったなぁという事も思い出していました。
    トレードにおいては、なんでポジションを保有するありきでスタートしちゃったのかな・・・。ピアノですら、ピアノに触るまでの期間があったというのに。

  66. 松下 誠 より:

    なにか皆さんの役に立つような題材がないかと思い、
    昔のことを考えていました。
    私の投資デビュー2年間は、失敗の宝庫でしたので。(笑)
    私が損失を続けている間に思ったことは、
    「人が何を言うか、何を考えるかは重要ではない。」
    「自分が何を考え、どう行動するか。それで利益が出るか。」
    ということでした。
    私が考える値動きと、誰か他の人が考える値動きとは、違って
    当たり前なのです。
    そんなことを気にせずに、自分のトレード(行動)と自分の結果を
    見つめてみることです。
    自分が値動きに対して、何を考え、どう行動するか、
    それを考えてください。

  67. 松下 誠 より:

    サラさん
    投資教室が意図するそのものの経験をしたいただいたようで、
    良かったです。
    私が11年投資をやってきて思うことは、「当たり前のように利益を上げる」と
    いう感覚を身につけて欲しいということです。
    「当たり前」なのですから、感情は揺れないわけです。
    もちろん、人間ですから、全く感情が揺れないなんてことはありませんが、
    利益を上げることを信じて疑わない、そんな心を持って欲しいのです。
    それは、鍛えることにより持てるのです。
    信じて疑わない、これは「自信を持つ」ということです。
    そして「自信を持つ」とは、「自分を信じる」ことです。
    全ての投資家に、「自分を信じる」ことができるように、
    それが私と私の投資教室の願いであり、思いです。

  68. サラ より:

    私の場合は自分のトレード時の感情が松下さんの教室を受けることで正しく調教されてからです。

    メンタルをコントロールすることで何故利益が上がって行くようになるのか実感できたことは、私にとって神秘的な体験でした。

    サイズコントロールも損切り徹底も、理性的な利確も、感情が落ち着いていなければ、私には到底できない芸当です(笑

    自作の資金管理シートで、何枚トレードできるのか。リスクはどれぐらいなのか。許容リスク=%と金額をいつもシートの右端に表示させて、行き過ぎ(売買しすぎ)を防ぐ為にレッドゾーンで表示させるようにしました。

    『目の前に現れる現実は自分のこころの状態に左右される。』と、とあるところから過去に聞いたことがあるのですが、この言葉はトレードにそのまま当てはまると思っております。

    損失続きの毎日は起こるべくして起こり、利益の出ている毎日もこれまた起こるべくして起こる。 こういうことなのではないかと思えてきました。

    お勧めいただいた相場日記には日々の自分の感情にも注意をして、書き込むようにしています。
    ほんの少しでも・・宜しくないこころの状態が見え隠れする時は、特に注意し、トレードを控えるようにして行こうと思い始めてます。

    メンタルコントロールは自己コントロールになるので、精神修行的なところがあると思うのですが、何故か楽しいのです^^

    楽しくメンタルコントロール♪ そんな感じです。

  69. 松下 誠 より:

    にゃんこさん
    「奇策も秘密も魔法もウルトラCもない」、全部言っていただけましたね。(笑)
    確かに、そう気づくのは大きなきっかけです。
    またヒントをいただきました。
    「修行僧の禅問答」、これまたいいところに来ました。
    禅問答は近く別スレッドでやりましょう。
    ご自分の頭と、目と、手を使って考えること、作業することは、
    利益への最も近道です。
    それをやらない人がおおいからこそ、皆、利益を上げられないのです。
    アメリカのMIT卒業のスーパートレーダー(生涯リターン4万%の男)
    エド・スィコータは、言っています。
    「皆、欲しいものを手に入れる。」
    この言葉にも、禅問答がふんだんに入っています。(笑)
    アメリカの方なんですけど。
    そうですか、私の元で学ぶことを決めた時に、ご家族と話し合って、
    投資で得たいものをいーっぱい書き込んだのですね、素晴らしい実行力です。
    こんなエピソードも初めてです。
    「わくわくがあるから、継続する」
    確かにその通りです。
    いつもわくわくして過ごしましょう!

  70. にゃんこ より:

    きっかけは、一つじゃないのですが。利益を上げれるようになるのに、奇策も秘密も魔法もウルトラCもない!と気づくというのも、一つのきっかけ・・・というかステージになるのでしょうかね。
    私の場合は、野川徹さんのオンラインマスタースクールと松下さんのサイクルトレード法3.0を受講したことが、直接的なきっかけの一つです。
    野川徹さんのレッスンを受けることで、「それは、なぜ?」と考える1年間を過ごしました。修行僧の禅問答のような気持ちになり、それはもう苦しかったです。松下さんのウィークリーレポートも同時に購読していましたので
    「なぜ、このレポートを書けるのか?」
    という目線で考え続けていましたし、サイクルトレード法にいたっては、当初マイルールを作るなんて絶対無理!!!と思っていたので、割と安易に購入したんですよね。「自分でルールを作れないから、買っちゃえ!」てなノリでした。
    でも、「なぜ、この考え方をするのか?」という疑問にどっぷりハマり、サイクルトレード法のバージョン1から3までの動画を繰り返し観て、「なぜ?なぜ?」と考え続けました。
    この期間を終えてから、過去検証を始めていったと記憶しています。
    サイクル理論に関しては、実際に自分でチャートを印刷して数えてみるという実行力がミソなのでは、と思っています。
    数えましたよ~(笑) 現在、株価指数、為替、商品等を合せて70種類。月足と週足のチャートを印刷して数えまくりました。
    そこで気づいた点を、月別・週別 私オリジナルの環境認識シートなるものを作成しました。
    いい大人が、ペンダコを作り、ボールペンを数本使い切り(←人生初!)、ロウソク足を数え終る頃には発熱しながらやりました。(←これだから、勉強したことのない人間は。。。苦笑)
    でも。。。松下さんの元で投資を学ぶぞ~!って決めた時に、ノートの最初のページにね、家族と話し合いながら投資で得たいものをいーっぱい書き込んだんですよ。(今、見直すとかなり恥ずかしいことも書いてますが。)
    その時の、わくわくが胸の奥に残っているから、継続するエネルギーになっているのだと思います。

  71. 松下 誠 より:

    私のもう1つのきっかけを。
    それは、「メリマンサイクル論」です。
    この理論に出会うまで、どうしても値動きの全体像について
    理解することができず、何か釈然としない中で、悩んでいました。
    この理論を知ってから、全ての値動きを理解できるとは
    言いませんが、値動きで混乱することがなくなりました。
    混乱すると、パフォーマンスは下がりますので、混乱しないように
    知識や理解を広げていただくのが良いですね。
    私にとっては、それが「メリマンサイクル論」だったのです。
    ひたすらローソク足を数えましたよ、20年分くらい。(笑)

  72. 松下 誠 より:

    こちらのスレッドも、想像した以上にいいものになってきています。
    これから読む人は、参考になると思います。
    他にもじゃんじゃん経験を待っています。
    Niceshotさん
    確かに、銘柄の絞り込み大切ですね。
    銘柄数が、自分の管理能力を超えると、逆に混乱だけが
    悪い方に作用し、パフォーマンスが下がります。
    最初は2~3銘柄からが良いです。
    鳥の目と虫の目、パフォーマンスを上げる秘訣ですね。
    舟越雄一郎さん
    私のサイクルトレード理論ですか。
    よかったです、いい変化のお手伝いができて。
    具体的なポイントも書いていただいていますので、
    参考になりますね。

  73. 舟越雄一郎 より:

    私は2008年5月、
    「松下誠さんのサイクルトレード理論」に出逢った事をきっかけに
    利益が上げるようになりました。

    「根拠のある損切りをする」、
    「強い陽線(または強い陰線)でエントリーする」
    「週足でのサイクルを数える」が
    個人的には大きなポイントでした。

    それまでは、
    勘で「予想」するトレードをしていて、
    自分の都合で損切りしていたし、
    自分の都合でエントリーして適当にエグジットして、
    週足のチャートは無視していました。

    しかし、
    過去検証して「想定」するトレードに変わって、
    直近安値(または直近高値)での損切り、
    サインが出た時だけエントリー、
    サイクルのスタートと天井を意識したトレードをするようになりました。

    おかげさまで2011年4月、
    中古ですが、キャッシュで一軒家を購入しました。

    まだまだ「夢」を持っているので
    もっともっと勉強していきたいです。

    ご縁に感謝します。
    ありがとうございます。

  74. Niceshot より:

    私の場合もとてもシンプルです。一度に沢山の銘柄取引するのを止めて、2~3銘柄に絞込み、サイズを小さくして毎日の観察(チャート&指数移動平均線)から仕切り直しました。
    そして、1つの入り口と2つの出口(前回高値、もしくはトレーディングストップと損切り値)の設定。

    もちろん、その人のスタイル(期間)にもよりますが、「鳥の目=週足・月足&虫の目=日足」も大切かなーと。。

    まだまだ勉強中の身ですけえれど。。

  75. 松下 誠 より:

    私はサイズを小さくし、損切りをしっかりとしたポイントで
    必ず行うようになって変わりました。
    色気のない答えですいません。(笑)
    今でも、小豆1枚の売りと、いすゞ39円2,000株の買いの
    トレードをよく覚えています。
    サイズと損切り、これが私のきっかけでした。

  76. 松下 誠 より:

    投資家は誰もが最初に損をします。
    利益を上げるようになる人は、どこかのタイミング、
    何かのきっかけで利益を上げる投資家へと変わり始めます。
    私もこれまで、何度も「何をきっかけにして、変わったのですか?」と
    聞かれました。
    今、利益を上げられずに悩んでいる人は、何か秘密やコツが
    あるに違いないと思っています。
    利益を上げるようになった皆さんが、それぞれの些細なきっかけを
    話すことで、そんな人たちの参考になると思います。
    あなたが、利益を上げるようになったきっかけを教えてください。