松下誠の投資家を元気にするブログ

相変わらず思惑で買う個人投資家

LINEで送る
Share on Facebook

こんにちは、松下です。



最近の日経新聞は非常に多くのスペース(記事)で

投資のことについて触れています。



今日の15面には、FX市場における

個人投資家の動向が触れられています。



記事の中に、

「最近の円高で個人投資家が円安・ドル高への

 反転が近いと見て、積極的に円売り・ドル買いを

 進めている。」という記載があります。



相場の流れに逆らう「逆張り」の戦略でと

ありますが、これは戦略でも何もなく、

単なる思惑です。



なぜ、今後円安・ドル高になると思うのか?

その根拠がなければ、円売り・ドル買いを

行なう意味はありません。



相変わらず市場では、思惑での売買が

繰り返されており、それを繰り返す限り、

資金が増えていくことはありません・・・・・。

LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。

松下誠の投資家を元気にするメルマガに申し込む