松下誠の投資家を元気にするブログ

「投資教育の方法が分からない」のではない!

LINEで送る
Share on Facebook

こんにちは、松下です。



今日、日経新聞を読んでいて、

面白い記事を見かけました。



企業年金手探りの運用

401k導入後の壁

(日本経済新聞17面より)



この中に、401k導入企業の悩みとして、

「制度の理解や関心が低い」(56%)

「投資教育の方法が分からない」(26%)

といったアンケート結果があるそうです。



これはもっともな悩みです。

なぜ制度の理解や関心が低いのか、

それは401kという制度や利用法を

理解している人がいないからです。



理解していないのに、

認知や関心を広げることはできません。



同様に、

「投資教育の方法が分からない」のではなく、

「投資教育の方法が存在しない」

「投資を教えられる人がいない」のです。



これはひとえに投資というものが、

理論と実践ではまるで別物であり、

その意味では、教える人は実践者で

なければならないからです。



日本は、そもそも投資や資産・資金運用に

関する歴史が浅く、それだけ実践者や成功者がいません。



だからこそ教えられる人も少ないのです。

いつかその現実に気づいた時に、

この議論は違うステージに上がるはずです。


LINEで送る
Share on Facebook

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。

松下誠の投資家を元気にするメルマガに申し込む