松下誠の投資探求

Monthly Archives: 2017年1月

アクセル

投資において、1回の売買に大きい資金を投入することは、車の運転に置き換えると、アクセルを踏み込むことに相当する。車を運転している時にアクセルを踏み込めば、それだけスピードが上がり、早く目的地に着くことが可能になる。しかし … 続きを読む

1件のコメント

考える

人は、何かの物事に対峙する時、よく考えることが必要だ。「考える」とは、じっくり静かに、その物事の真理や答えを探し、深く思索を巡らすことだ。考えることにより答えは見つかり、その時初めて人は行動を始めることができる。 考える … 続きを読む

1件のコメント

混乱

混乱とは、物事が入り乱れて秩序をなくすこと。いろいろなものが入りまじって、整理がつかなくなること。(デジタル大辞泉より)投資家という人種は、いつも混乱している。値動きは短時間に限ってみれば、秩序なく動いており、値動きに目 … 続きを読む

2件のコメント

利食い千人力

投資において、「利食い」とは、自らの資金を増やし、1つの目標達成の証といえる。利食いで資金を増やせば、次の売買においてリスクの許容を容易になり、優位性を高める作用があることからも、利食いには力がある。この力こそが、「利食 … 続きを読む

2件のコメント